朝が一番辛い


まおです。

朝、様子を見に来て下さった看護師さんに「辛いです。」そう伝えた。

間もなく、外来前の担当医の先生が来て、診て下さった。

沢山のお薬が追加された。
 

薬のせいか、眠くて眠くて仕方ない。

一日中、うつらうつらしてしまった。
 

スポンサーリンク


お見舞いに来てくれた

『まおさん、起きて。まおさん!』

お見舞いに来てくれた一樹さんに、揺り起こされて目が覚めた。

「う~ん?今何時?」

『20時だよ。よく眠ってたね。』

「ん?もう夜?( ̄▽ ̄)」

『朝から何も口にしてないでしょ?一緒に食べよう。』
 

ボーっとしていると、一樹さんがベッドを起こして、食事の準備をしてくれた。

コンビニで買ってきたグラタンとサラダを、テーブルに並べてくれた。

しかし寝起きで食が進まない。

スプーンを持ったまま、再び寝そうになる。

『まおさん!食べてから寝る!!』

そう言って叱られた(-_-;)
 

食事をしているうちに、少しずつ目が覚めて来た。

沢山は食べられなかったけれど、とても美味しいと感じた。

「お腹空いていたんだな私。」

そう気付いた。
 

スポンサーリンク


病気だから仕方ない?

片付けも一樹さんがしてくれた。

何も出来ない自分が虚しくなった。

つい「起こさないで寝かしといてくれたら良かったのに。」そう言ってしまった。

『はいはい。起こしちゃって、ごめんなさい。』

何で一樹さんが謝るの?

何で怒らないの?

上手く言えないんだけど、無性に腹が立った。
 

「私が悪いのに、何で怒らないの?

あんなことしちゃ駄目だって

何で怒らないの?

今だって、私が悪いのに、

何で一樹さんが謝るの?」
 

一樹さんは言った。

『怒らないよ。

まおさんが悪いわけじゃないから。

そういう病気だから仕方ない。

だから、まおさんを怒ったりしないよ。』
 

一樹さんの思いやり溢れる言葉が、逆に辛かったりする。
 

そしてこの後、思いがけない衝撃的な話を聞かされた。

信じられなかった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク