後悔しかない


まおです。

昨日のブログには書かなかった事がある。
 

一樹さんに向かって

「だから嫌だって言ったじゃない!」

そう自分の胸の内をぶつけた後、

私は一樹さんの腕を振り払ってしまった。
 

私が泣くときは、いつも一樹さんが背中をさすってくれる。

昨夜も、自分の考えとは裏腹に、叔父様の件がぶり返されたことが悲しくて、病室のベッドの上で、テーブルに突っ伏して泣いた。

するといつもの様に、一樹さんが背中をさすろうと腕を伸ばしてきた。

その腕を、私は、思いっきり振り払ってしまったのだ。
 

スポンサーリンク


薬指の婚約指輪

一樹さんは驚いたに違いない。

テーブルに突っ伏していた私は、一樹さんの表情が見えなかった。

でも一瞬、一樹さんの動きが止まったのが分かった。
 

私は泣き顔を見られるのが嫌で、テーブルから顔を上げることが出来なかった。
 

どの位の時間、泣いていただろうか。

一樹さんが近づいてくる気配を感じた。

すると次の瞬間、スッと私の左手を握った。
 

私の手を包むように、一樹さんの温かい手が触れた。

暫くすると、私の薬指の婚約指輪があるのを確かめるように、愛おしそうに手を握ってくれた。
 

一樹さんが『ごめんね』そう言ってくれているのだと思った。

なのに私は顔も上げられず、一言も喋らなかった。
 

スポンサーリンク


何事も無かったかのように

今夜も仕事終わりに、一樹さんがお見舞いに来てくれた。

いつもの様に『まおさん、具合どう?』

そう言いながら、栗蒸し羊羹を私の目の前に差し出した。

『新栗だから、きっと美味しいよぉ^^』

と、満面の笑みで羊羹を切り分け始めた。
 

叔父様の話になったら、昨夜、一樹さんの腕を振り払ってしまったことを謝ろう。

そう思っていたけれど、叔父様の話は一切出なかった。
 

結局、謝るタイミングを逃してしまった。
 

一樹さんが自宅に着いた頃を見計らって、LINEを入れた。

「昨日は、ごめんね」

すると・・・

『馬鹿だなぁ。そんなこと気にしてたの?元気がないから、具合でも悪いのかと心配しちゃったよ。』
 

優しい一樹さん。

本当は、私が謝りたくても謝れないことを分かっていたでしょ?

だけど、気付かないふりをしてくれたんだよね。

そして私が謝らなくても良いように、叔父様の件には触れなかったんでしょ?
 

本当に、一樹さんには敵わない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク