もう止められない?


まおです。

一体全体、この騒ぎはどこまで大きくなるのだろう。

もう収拾がつかなくなって来た。

私の知らない所で、どんどん騒ぎが大きくなり、もはや、私と叔父様だけの問題ではなくなっていた。
 

今夜、4日ぶりにお見舞いに来てくれた一樹さんに、開口一番言ってしまった。

「だから嫌だって言ったじゃない!」
 

お義母様と一樹さんが「叔父様との件をハッキリさせた方が良い」と言った、先週の日曜日。

私は「このまま時間が過ぎるのを待ちたい」と伝えた。

時間が解決してくれることもあるだろう。

このまま静かに時が流れれば、皆、忘れてしまうだろう。

そう思っていた。

白黒はっきりさせるだけが解決とは限らないと思っていた。

なのに・・・だ。
 

スポンサーリンク


弟さんの出方

事態は、一樹さんの弟さんが知ることになり、よりややこしくなった。

弟さんが、この件を知ったのは、他でもない月曜日の夜のこと。

一樹さんが叔父様の家に行くのに、お義母様を迎えに実家に寄った時だった。
 

実家の同じ敷地の別棟に住んでいる弟さん。

一樹さんの車が入って来るのが見えたらしい。
 

月曜日と言えば診察日。

診察が終わってから実家に来るなんて、何かあったと思ったのだろう。

外に出て来た弟さんに事情を聞かれ、一樹さんとお義母様は大筋を説明したらしい。
 

その時は、弟さんは「まさか叔父が?」と信じていない様子だったそうだ。

それはそうだろう。

叔父様は、会社ではそれなりの立場で、それなりの仕事をしている人だ。
 

スポンサーリンク


深夜の帰宅

弟さんが事態を知った月曜日の夜、叔父が私の実家を襲撃(?)した為、私の実家に立ち寄ったお義母様の帰宅は深夜になった。

一樹さんとお義母様が帰って来るのを待っていた弟さんは、なかなか戻らない二人を心配して、ずっと起きて待っていたらしい。
 

日付が変わった頃、帰宅した一樹さんとお義母様に、弟さんは詳しい事情を尋ねたそうだ。
 

事情を知った弟さんは、叔父様に対して激怒したらしい。

スマホの録音アプリのデータを聞かせて欲しいと、一樹さんに頼み込んだそうだ。

私のスマホから一樹さんのスマホにデータをコピーしてあったが、一樹さんは聞かせなかった。

聞かせたくないのと、聞かせてしまったら、弟さんが更に憤慨するだろうと思い、その夜は『データは手元にない』と断ったそうだ。
 

今、一樹家も、一樹家企業も大騒ぎだ。

そして私は、眠れなくなった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク