一樹さんに会えなくて


まおです。

昨夜は、叔父様の所に出掛け、

今夜は台風。
 

明日は、治療に時間が掛かりそうな

患者さんがいらっしゃるとかで、

3日連続で一樹さんに会えない。
 

仕方ないことだけど、やっぱり寂しい。
 

スポンサーリンク


昨夜の出来事

雨はそれ程でもないけれど、とにかく風が強い。

病室の窓から外を眺めていると、

傘をさせないくらいの強風が

吹いているのが分かる。
 

病院の玄関口から、駐車場に止めた車に乗り込むまでに、皆びしょ濡れになっている。
 

「今夜は車の運転は危ないから、お見舞いはお休みにしてね。」

そうLINEでお願いした。
 

すると、仕事が終わってすぐ、一樹さんが電話をくれた。

『今から行くよ。』

「本当に危ないから、今夜は来ちゃダメ」

『でも、昨夜、あんなことになって、まおさんも心配だろうから、今から行くよ。』

あんなことって何?
 

スポンサーリンク


常軌を逸した振る舞い

『えっ?知らないの?ご両親から連絡が入らなかった?』

えっ?なに?私の両親が関係あるの?

だって、昨夜は、お義母様と一樹さんで、叔父様の家に話をしに行ったんじゃないの?
 

「全然、話が見えないんだけど。」
 

『それが。。。叔父は留守で会えなかった。諦めて帰ろうとした車の中で、まおさんのお母さんから電話が入ったんだ。』

「何の電話?」

『叔父が、まおさんの家に押し掛けたんだ。まおさんと会わせて欲しいと言って、玄関先から動かないで困っているって・・・』
 

これを聞いて、背筋が寒くなった。

驚いたと言うより、怖くて怖くて仕方なかった。

常軌を逸していると感じた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク