お義母様のお見舞い


まおです。

今日の午後、一樹さんと一緒に、お義母様がお見舞いに来て下さった。

なんと、みかんを持ってきて下さった。

この時期に、みかんなんて珍しい。

ハウス栽培のみかんで、皮もやわらかく、甘くて美味しくて、一気に3つも食べちゃった(#^.^#)
 

『そんなに一度に食べて大丈夫?』

一樹さんが心配してくれたけど、ぜ~んぜん大丈夫!

もう3つくらい食べられそうだった^^
 

スポンサーリンク


婚姻届にサイン

お義母様がお見舞いに来て下さったのは他でもない、婚姻届の証人欄にサインをする為だった。

病室のテーブルで、私と一樹さんの目の前でサインして下さった。
 

これで婚姻届の全ての欄が埋まった。

後は、その日を待つだけ。。。

そう思うと、ちょっとウルっとした(ノД`)・゜・。
 

お義母様は、提出のタイミングは二人に任せると言って下さった。
 

病室は終始和やかな雰囲気で、3人とも自然に笑みがこぼれるような感じだった。

「結婚式の準備も始めないとね。」とか

「新婚旅行は年末年始?予約しないと間に合わない?」とか

「キッチンのリホームもしなくちゃ!」とか

幸せな話題は尽きなかった。
 

スポンサーリンク


決着を付ける

3人とも喋り過ぎて喉が渇いたので、

飲み物を飲みながら一休み。
 

すると、お義母様が切り出された。

「こんな時に言うのも、何なんだけどね。叔父の件は、結婚前にはっきりさせておいた方が良いと思うの。」

そう聞いて、一瞬で、これまでの楽しい気持ちが吹き飛んでしまった。
 

私は、このまま時間が過ぎて、過去のことになってしまえばいいと思っていたので、はっきりさせようなんて考えもしなかった。

正直、蒸し返したくないし、蒸し返されたくないと思っていた。
 

でも、お義母様も一樹さんも「決着を付けた方が良い」と考えているようだった。
 

『まおさんも話し合いに参加したい?』

一樹さんにそう聞かれたけれど、断った。

もう、叔父様の顔も見たくなければ、声も聞きたくなかったからー。
 

結局、弁護士さんを交えて、お義母様と一樹さんが話を付けてくれることになった。

しかし、どう決着が付くのか、全く想像が付かない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク