入籍の日取り


まおです。

揉めてます。

揉めに揉めてます。

一樹さんの叔父様から、入籍日にまで口を挟まれてます。
 

理由は、役員登記の時期。

とにかく1日でも早く、私の役員登記をしたいようです。

ただ、まだ、結婚してないしね。

登記してもらっても構わないけど、結婚して苗字変わったら変更登記が必要。

司法書士さんも面倒くさいでしょ?
 

それにこの時期は、ブライダルの仕事が忙しくて、役員の仕事なんて無理だよ。

早々に登記されて、役員報酬なんか発生した日には、仕事しなくちゃならないよ。

結婚してからにして欲しい。
 

一樹さんが、猛烈に反発してる。

『まおさんに、役員の仕事をさせるために結婚するんじゃない』と、叔父様とお義母様に、電話で猛抗議してた。

一難去ってまた一難だ。
 

スポンサーリンク


専業主婦希望

そもそも一樹さんは、専業主婦を希望していた。

お義母様も、義理の妹さんも、前の奥様も専業主婦だ。
 

今回は「非常勤の役員」ということで、私もお引き受けした。

けれど実際に引き受けてみると、取引先に挨拶に行って欲しいと言われた。

その取引先が全国各地に点在している。

日帰りでは行けない。
 

この記事を覚えていらっしゃるでしょうか?

結婚はお花畑じゃない

私が仕事をする条件として、一樹さんから泊りの仕事はNGと言われていました。

でも、いきなり泊りが前提の仕事です。
 

一樹さん、相当、面白くないらしい(-_-;)

女性は結婚したら、家に居て欲しい。

家に居て、家庭を守って欲しい。

その代り、男が外で働き家族を守る。

そんな古風な考えを持っている。

実際に一樹さんは、そんな家庭で育ってきた。

でも、仕事を続けたいという私の為に、譲歩してくれていたのだ。
 

スポンサーリンク


仕事と仕事と家庭

結婚って本当に大変だ。

ブライダルの仕事と役員の仕事と家庭。

二兎を追う者は一兎をも得ずと言うけれど

今回は、二兎を追って三兎を得なければならない(こんなことわざは無いけれど、何となく雰囲気で感じてね(^_^))
 

良かれと思って役員の仕事を引き受けたけれど、これが原因で、逆に一樹さんとの関係が微妙になってしまったらどうしよう。
 

母(私の母)が「新婚時代は一生に一度しかないのだから、二人でゆっくり過ごせるように仕事を調節しなさい」と言う。

確かにその通りだ。

婚約期間も、新婚期間も、あっという間に過ぎてしまうだろう。

一樹さんは仕事を休むことは難しいけれど、私は、オフシーズンがあるから何とかなるかもしれない。
 

これまで病気や一樹家の件で、婚約期間を楽しんでいる余裕は無かった。

だから今日からは、幸せな時間を楽しみたい・・・そう思っていたのだけれどー。
 

早速、一樹さんのご実家に呼び出されてしまった。

役員の仕事の件で、話を詰めたいと言われた。

水曜日に、私一人で行かなくちゃならない。

既に、気が重いよ・・・。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク