去年の今頃は・・・


まおです。

一樹さんの仕事が終わるのを、大地さんと一緒にバーベキューの準備をしながら待った。

準備と言っても、大地さんがお肉も野菜もカット済みの物を買ってきてくれたので、飲み物を冷やしたりするだけ。

グリルは大地さんがセッティングしてくれるのを、隣で応援しているだけだった(笑)
 

「早く一樹クンの仕事が終わると良いねぇ」

「そだねぇ~^^」

「それにしても去年の今頃は、まおちゃんが、俺と一樹の間に割り込んでくるとは想像もしなかったな」

「え~、割り込んだつもりはないよぅ」

「良い意味でだよ^^」

「それを言うなら、美彩さん(私の仕事仲間で、大地さんの彼女)も割り込んできたよね?」

「まぁ、そうだね^^」

「そうだ!美彩さんもバーベキューに誘おうよ!」
 

美彩さんに連絡は付いたけれど、残念ながら急だったのでNGでした。

残念がる大地さんを

「女性は支度に時間が掛かるんだよ」

そう言って慰めました(笑)
 

スポンサーリンク


バーベキュースタート

いよいよバーベキューがスタート。

夜になっても蒸し暑かったので、冷えたビールが体に染みわたる♪

『まおさん、少しずつ飲みなよ!』

そう言われて、氷を浮かべて薄めながら、チビチビ頂きました^^
 

一樹さんも大地さんも、お喋りで鍋奉行。

私の頭越しに会話をし、私のお皿に、両サイドからどんどん肉や野菜を積んでいく。

「そんなに食べられな・・・」

そう言いかけると

『喋ってないで冷めないうちに食べて』

って、叱られた( ̄▽ ̄)
 

私もちょっとは喋りたいんだよ。

悪い意味じゃないけど、こんなによく喋る男性って、今まで私の周りに居なかったよ(^^;)
 

スポンサーリンク


スイカ割り

バーベキューも終盤になって、姫スイカを食べようということになった。

つい「スイカ割りしたら面白そう」と口が滑ってしまった。

すると一樹さんが、防犯用に置いてあった金属バットを、ラップでグルグル巻きにしてくれた。

大地さんは、スイカが飛び散ると、後片付けが大変だからと、スーパーのレジ袋の中に姫スイカを入れてくれた。
 

段ボールを下に敷いて

『さぁ、まおさん出番だ!』

そう言われて目隠しされバットを渡された。
 

「加減して叩くんだよ!」

そう大地さんにアドバイスされたので、

バットの先端でコツン!

と可愛く叩いたつもりだったが・・・
 

姫スイカのど真ん中を叩いてしまった。

『まおさん、場外ホームランだ(ー_ー)!!』
 

目隠しを外したら、レジ袋の中で粉々になった姫スイカが見えた(+_+)
 

仕方なく、3人で交互にレジ袋の中に手を突っ込んで、粉々になったスイカを拾い上げながら食べた。
 

一樹さんに言われたよ。

『まおさん、次回から、スイカは普通に食べようね。』
 

すごく楽しい夏休み。

一時退院だけど、退院出来て本当に良かった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク