7度5分の微熱


まおです。

温泉旅館に泊まった翌朝。

私が目を覚ますと、一樹さんは既に起きていた。
 

私が布団の中でモゾモゾしていると

『おはよう、まおさん。熱を測って』

そう言って、目の前に体温計を差し出した。
 

体温計まで持ってきてくれたんだ。

本当に、お手数をお掛けします<(_ _)>
 

測ってみると7度5分。

微妙に熱がある(p_-)
 

『どこか具合悪いとこある?』

「ん~、ちょっと喉が痛いかも」

『どれどれ?あ~、少し腫れてるねぇ』
 

スポンサーリンク


予定をキャンセル

後に、微熱は扁桃腺のせいと分かったんだけど、この時は風邪をひいたかもと思った。

『まおさん、残念だけど、今日の予定はキャンセルした方がいいかもね』

「うん、華さんに風邪を移したら大変だもんね」
 

実はこの日、華さんの入院先の病院に、お見舞いに行く約束をしていた。

華さんは、A病院に入院中にデイルームで知り合い、親しくなった入院友達だ。

私が現在の病院に転院した後、華さんも別の病院に転院していた。

予定では、今日の午後、一樹さんと一緒に、華さんのお見舞いに行くつもりだった。
 

会って話をするのを楽しみにしていたけれど、LINEで行けなくなってしまった旨と、お詫びの連絡を入れた。
 

後に、これが大きな後悔となった。
 

スポンサーリンク


楽しい1日

温泉旅館の朝食は、とても豪華だった^^

時間を掛けて、ゆっくり、少しづつ、いろんな料理を頂いた。

自分でも食欲が回復しているのが分かった。
 

食後は温泉に浸かり、午前11時にチェックアウト。
 

急に予定が空いたので、近くの道の駅に寄って、お土産を沢山買い込んだ^^

一樹さんに全ての荷物を持ってもらい、私は手ぶらで店内を徘徊する。

『こんな元気な病人、見たことない』

そう言われるくらい元気になった。
 

微熱もあるので早目に病院に戻り、晩御飯を一樹さんと一緒に病室でとった。
 

2日間の外出で、少々疲れてしまった私は、夕食後、すぐにウトウトしてしまったようだ。

気付いたら、一樹さんは帰った後だった。
 

うわっ!お礼も言えなかった(-_-;)

そう思って、急いでLINEを送った。

「すごく楽しかった!ありがとう」

『退院したら、また連れて行ってあげるよ』

今度行く時は、大浴場にゆっくり浸かりたい^^
 

この時、昼間送信した、華さん宛のLINEが既読になっていないことに気付いた。

具合が悪いのかもしれない。

そう思った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク