温泉旅館の夜も更けて


まおです。

お風呂上りに、一樹さんとお部屋の広縁で涼んだ。

かぼすジュースが口当たりが良くて美味しい。

『沢山食べられるようになって、少し安心したよ』

そう言ってくれた一樹さんに

「かぼすジュース、もう1杯飲めそう」

そう伝えたら

『どうぞ!どうぞ!』

と、自分の分を差し出してくれた^^
 

冗談だったんだけど、一樹さんの喜ぶ顔が見たくて、頑張って一樹さんの分も飲み干した。

お腹が水分でたぷたぷになったよ。
 

スポンサーリンク


入籍までカウントダウン

広縁で風に当たりながら、一樹さんに尋ねた。

「(結婚相手が)私で本当にいい?」

『あー、またそんなこと言いだすの?』

「だって、いつ退院出来るか分からないよ?」

『心配しなくても、いつか退院出来るから大丈夫だよ』

「でも、もう7月も後半だし、あっという間に夏が過ぎて9月になっちゃう」

『別にいいんじゃない?』

「入籍を先に延ばすってこと?」

『延ばさないよ。予定通り9月だよ』

「入院中に入籍するの?」

『そう』

「まるで獄中結婚だね(-_-)」

『・・・・・』

花嫁が入院中に入籍って、ドラマなら盛り上がるだろうけど。。。

実際に、自分のこととなると嫌だよ。

思い描いていた結婚と、全然違うもん。
 

スポンサーリンク


ブレない気持ち

一樹さんは、9月に入籍すると決めているみたい。

そんな芯の通った、決断力のあるところにも魅かれた。

でも、まだ、はっきりと父の許可が出たわけではない。

それでも、9月までには許可を貰えるようにしたいと言ってくれる。
 

「一樹さんって、全然ブレないんだね」

『まおさんは、ブレブレだけどね』

「そうなの。決められないの。でも、一樹さんに対する気持ちはブレないよ(#^.^#)」

『それを聞いて安心したよ(^_^)』
 

当たり前だけど、もう、一樹さん以外の人は考えられない。

好きとか嫌いとか、尊敬出来るとか出来ないとか、そんな感情を飛び越えてしまった気がする。

一樹さんが居なくなったら、息も吸えないんじゃないかと感じる。
 

「好き」の上を表現する言葉って何だろう?

「信頼」かな?
 

一樹さんのことが好きだし、信頼している。
 

私は一樹さんにお礼を言った。

「温泉に連れて来てくれてありがとう」
 

だけどこの時、後に、悲しい知らせを受け取ることになるとは、予想できなかった。

どうしてこの時、微熱なんか出ちゃったんだろう。

どうしてこのタイミングだったんだろう。

今は、涙が止まらない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク