ざ・温泉旅行


まおです。

一樹さんの仕事が終わったのは19時。

大急ぎで階段を駆け上がって来る足音が聞こえたかと思ったら、ものすごい勢いで自宅のリビングのドアを開けて入って来た。

『まおさん、お待たせっ!』

気持ちは嬉しいけど、驚いたから(´゚д゚`)

もうちょっと静かに帰ってきて欲しかったよ。
 

一樹さんは大急ぎで着替えを済ませると、自分の荷物と私の荷物を抱え、今度は、一気に階段を下りて行った。

だっ、大丈夫かな?コケないかな?
 

そんな私の心配は見事的中!

玄関で靴を履こうとして、つんのめってコケてた(・_・;)
 

「大丈夫?」と声を掛けようとして止めた。

見ていなかったことにしてあげよう。

それも優しさだよね?(^^;)
 

スポンサーリンク


老舗旅館のお宿

車で移動中、一樹さんが今夜泊まる宿の説明をしてくれた。

車で30分程の所にある温泉地。

一樹さんも初めて行く温泉らしい。

地元で近すぎるあまり、今まで行った事が無かったんだって。

『地元では有名な温泉地で、部屋に半露天の檜風呂があるよ』

そう言われて、期待がどんどん高まっていった^^
 

お宿は森の中。

くねくね道を進んで行くと、いきなり景色が開け、歴史を感じさせるお宿があった。

想像以上に大きなお宿だったけれど、まだ夏休み前の平日で、お客様の姿もまばら。

ゆったり、のんびり過ごせそうな雰囲気だ。
 

お部屋は純和風な作り。

和室が2部屋と広縁、檜の半露天風呂。

床の間に飾られたお花が、もてなしの気持ちを表していた。
 

スポンサーリンク


大浴場は。。。

到着したのが20時近かったので、先に夕食を食べることになった。

仲居さんが15分後に運んで下さると言うので、一樹さんと一緒に部屋で待った。
 

私は、その時間を利用して、大浴場に行く準備を始めた。

タオルと浴衣と化粧品を一つにまとめ、一樹さんの着替えも用意した。

すると、それを見ていた一樹さんが

『まおさん、何してるの?』と。

「大浴場に行く準備だよ!」

そんなの見れば分かるのに、変な質問するなと思っていたら、いきなりこう言われた。

『大浴場は、今回は止めておこう』

「はぁん?」

温泉に入りに来たのに、大浴場に行かないって、どーゆーこっちゃ???
 

すると一樹さんはこう言った。

『まおさん、今朝、熱があったでしょ?』

おぅ、誰だよ!チクッた奴は。
 

確かに、朝、入院先の病院で熱を測ったら7度3分あった。

看護師さんが主治医に確認してくれて、最終的に「外泊OK」になった。
 

でも、何で一樹さんが知ってんの?

『病院から連絡があったよ。体力も抵抗力も落ちてるだろうし、貧血もあるし、大浴場は止めてお部屋の露天風呂にしよう。こんな時の為に、露天風呂付の部屋を予約したんだ』

「え~っ、温泉に来て大浴場に行けないの?

熱って言っても微熱だよ。

体調も良いし、長湯もしないよ。

ちょっとだけだったら良いでしょ?」

『ダメ』

「5分お湯に浸かるだけ」

『時間の問題じゃないの』

「一樹さん、心配し過ぎ!」

『駄目と言ったらダメ』

「ケチ!(ー_ー)!!」
 

一樹さんに対して「ケチ!」なんて、今思えばとんでもないことを口走ってしまった。

だけど、大浴場で温泉に浸かるのを楽しみにしていたので、ショック過ぎたんだ(ノД`)・゜・。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク