命に危険を及ぼす暑さ


まおです。

病室から外を眺めると、陽炎が立っていた。

ニュースでは朝から気温が上昇し、40度に迫る勢いだと。

正に、命に危険を及ぼす暑さだ。
 

そんな中、一樹さんは、歯科医院の花壇の草取りをしたらしい。

よりによって、こんなに暑い日にだ(-_-メ)
 

昼過ぎにお見舞いに来てくれたものの

『なんだか頭痛がする』そう言って

椅子を2脚並べてお昼寝を始めた。
 

「もしかして熱中症じゃないの?」

そう心配する私を

『かもねぇ~』と軽くあしらう。

「今日は帰って、家でゆっくり休んで」

そう伝えたけれど帰らない。
 

私は自動販売機までスポーツドリンクを買いに行って、一樹さんに渡した。
 

一樹さんが体の不調を訴えるなんて、滅多にない事だから焦ってしまった。

でも1時間ほどお昼寝したら

『すっかり良くなった』

と言うので、ホッと胸をなで下ろした。
 

スポンサーリンク


負担ばかり掛けてしまう

毎日忙しく仕事をして、

毎晩欠かさずお見舞いに来てくれる。

表面上は週休2日だけれど、

休診日も何かしら仕事がある。
 

私が健康だったら、草取りくらいはお手伝いできたのに。。。

全く役に立たなくて情けない。

役に立たないどころか、一樹さんの足手まといになってないかな?
 

一樹さんにばかり負担が行ってしまって心苦しい。

自分が仕事もしないで、涼しい病室でのんびりしていることに罪悪感を感じ始めた。
 

スポンサーリンク


「ごめんね」より「ありがとう」

私は一樹さんに謝った。

「なんか、、、ごめんね」

『何で謝るの?病気になったのは、まおさんのせいじゃないでしょ?』

「いや、そうじゃなくて・・・忙しいのに毎日お見舞いに来てくれて・・・ごめんね」

『それなら「ごめんね」より「ありがとう」って言ってもらった方が嬉しいな』
 

どこまでも優しい人だ。

でも、優しすぎて無理してないかなぁ?
 

いまだに退院の話は全く出てこない。

それどころかお腹も痛いし。

いつになったら良くなるんだろうかと考えると、焦りというか不安というか、何とも言えない気持ちになる。

仕事も復帰出来ないんじゃないか?

私なんか必要とされなくなってるんじゃないか?

そう思うとたまらない。
 

何より、一樹さんにいつまで負担を掛けてしまうのだろうと思うと、言葉に言い表せないくらい辛い。

お粥ときゅうりのキューちゃんを食べられるようになっただけでは、退院出来ないみたいで悲しい(p_-)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク