バツイチになった理由を聞いた


まおです。

婚活パーティーで紹介された一樹さんに、バツイチになった理由を聞いた。

初めてのデートで聞くべきじゃないかなとも考えましたが、好きになってからじゃ遅いかなとも思いました。

離婚理由も含めて、将来のパートナーになり得るかどうか考えるのが良いのではないかと思いました。

一樹さんは、嫌な顔一つせず「そりゃぁ、気になるよね。当然だよね。聞かれないうちからペラペラ喋る事じゃないと思っていたけど、気になるなら全て話すよ」と。

スポンサーリンク

お見合い結婚だった

一樹さんが30歳、お相手の女性は22歳の時に、お見合結婚だったそうです。

なんと、女性が大学卒業と同時に結婚。

女性の晩婚化が進む中で、大学卒業と同時に結婚って珍しいですよね。

何でも、女性側のご両親が早い結婚を望んだそうで、とんとん拍子に結婚までいったそうです。
 

そしてここからは、一樹さんの言い分です。
 

離婚の一番の原因は、一樹さんの仕事だったそうです。

結婚と同時に開業したらしく、休日の取り方で喧嘩になることが多かったそうです。

歯科医院の多くは、木曜日・日曜日・祝日はお休み。

しかし診療は休みでも、歯科医師会の会合やレセプト(保険点数計算)などで仕事は山積みです。

そこで休日に仕事をしていると、元奥様は「どうして休みの日に仕事をするのか」と責めたそうです。

ちょっと笑ってしまうような理由ですが、元奥様の気持ちに寄り添って考えると、22歳で社会人経験の無い女の子には理解出来なかったのかもしれません。

もしかしたら、ものすごいお嬢様育ちだったのかもしれません。

学会で遠方に泊まりで出かけようとすると、泣き叫んで阻止しようとしたそうです。

想像ですが、一人ぼっちで留守番するのが寂しかったのかもしれません。

スポンサーリンク


お風呂に入らなかったから

離婚が決定的になったのは「お風呂に入らなかったから」だそうです。

「?」ですよね(-_-;)

説明しますと、海水浴に出掛けた日のこと。

自宅に帰宅して、一樹さんが先にお風呂に入り、次に、元奥様にも入るように言ったらしいのですが、元奥様がお風呂に入ることを拒否。

理由を尋ねると「海の家でシャワーを浴びたから」と言ったそう。

一樹さんは、海の家は簡易シャワーだから、家のお風呂に入って綺麗に洗い流すのが当然と考えたらしいのですが、元奥様は、もう十分に綺麗と主張したそうです。
 

一樹さんの話に聞き入っていると、いきなり『まおさんは、海水浴から帰って来たらお風呂に入る?それとも入らない?』と質問されました。

私に聞く?と思いましたが、まぁ、普通に考えたら「入る」でしょう。

そこで「海の家でシャワーを浴びても、砂やほこりが完全に取れてないと思うから、家でシャワーを浴びなおすと思います。」と答えました。

すると一樹さんは『そーだよね!当然だよね!』と、とても満足気でした。
 

この「お風呂に入る、入らない」で揉めた日の翌日、元奥様は実家に帰ってしまい、そのまま離婚が成立したそうです。
 

こんな離婚原因ってありなの?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク