昨日の記事に、温かいコメントをありがとうございました<(_ _)>

自分らしく心穏やかに過ごしたいと思います。

食べられない辛さ


まおです。

食べることが大好きで、グルメ番組は欠かさず観ていた私。

でも今は観たくない。

「美味しそう!」と思わなくなった。

どうしてかな?

何とかして食べなくちゃと思うと、ものすご~く辛い。
 

今朝も朝食が喉を通らなかった。

ご飯を口に入れてモグモグ。。。

飲み込めない。
 

病室に顔を出してくれた看護師さんが

「あれ?まだ食べてるの?」って。
 

普通の人なら5分もあれば食べ終わってしまうだろう。

でも私は、30分かけても、ほとんど進まない。
 

「ご飯が喉を通りませ~ん(-_-)」

そう言って箸を置いた。
 

担当医の先生も一樹さんも、無理して食べなくて大丈夫だと言ってくれるけど、食べられるようにならないと退院出来ないと思うと気持ちが焦る。
 

口をへの字に曲げて箸を置いてしまった私を見て、看護師さんは「ちょっと待っててね~」と言って病室から出て行ってしまった。
 

スポンサーリンク


お粥ならどう?

15分程すると、看護師さんが戻って来た。

「まおさん、お粥ならどう?」

調理場に行って貰ってきてくれたのだ。
 

病院のプラスチックの器に入ったお粥は、いかにも病人食っぽくって食欲がわかない。

でも、わざわざ持ってきてくれたお粥に、全く手を付けないのは申し訳ない。

そう思って、頑張って口にした。
 

うん、味もそっけもない。
 

まぁ、お粥ってのは、そんなものだ。

しかし、せめて半分くらいは食べておかないと失礼だよね。

漬物でもあったら、掻き込めたのに。

そう思った時、ふと思い出した。

冷蔵庫に、一樹さんの食べ残したきゅうりのキューちゃんがあったはずだ。

晩ご飯を、いつも病室で食べる一樹さんが常備している、きゅうりのキューちゃん。

ちょっとだけ頂いちゃおう!
 

そしたら、これが激ウマだった(≧▽≦)

あっという間に平らげちゃって、再び様子を見に来てくれた看護師さんも驚いていた(●^o^●)
 

スポンサーリンク


食べられるようになるかも!

お昼ご飯も、晩御飯も、お粥にして貰った。

おかずのハンバーグや煮物は、まだ喉を通らないけれど、きゅうりのキューちゃんがあれば、お粥はあっという間に胃袋に消えて行く。
 

晩ご飯の時に、お粥を綺麗に平らげて空になった器を、写メして一樹さんに送信した。

すると、夜、きゅうりのキューちゃんを5パック買って届けてくれた^^

他にも、季節の野菜のピクルスや、ゆかり、ふりかけなど「こんなに沢山どうするの?」ってくらい買ってきてくれた。
 

今日1日で、お粥を3杯も食べたと自慢げに話す私と、それを嬉しそうに聞いてくれる一樹さん。

きゅうりのキューちゃんがあって、一樹さんが居てくれたら、生きていけそうだと思った(笑)
 

早くもっと食べられるようになりたい!

早く元気になりたい!

そして、早く退院したい!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク