想像と妄想の話


まおです。

仕事もオフシーズンとなり、スケジュール帳は真っ白。

療養の為、夏の仕事は全て他のスタッフさんにお願いしたので、真っ白は当然の結果なのですがー。

これまでスケジュール帳が、仕事の予定で真っ黒になるのが生きがいだった私にとって、真っ白なスケジュール帳は寂しくて仕方ありません。

自分だけが取り残されているような気がします。

仕事が競合する他のライバル会社に、先を越されてしまうのではないかという恐怖も感じます。
 

病室でひとりぼっち。

有り余る時間を過ごしながら、

気持ちだけが焦ります。
 

今は、のんびり過ごすのが仕事と言い聞かせているのですが、なかなか気持ちが切り替えられません。
 

そんな時は、テンションも上がらないし、マイナス思考になってしまいます。
 

今日は、私のマイナス思考を増幅させる、目の上のたん瘤的な女性の話です。
 

スポンサーリンク


信頼の証

一樹さんと結納を交わしてから2ヶ月。

でも、それ以前から、周囲に結婚する予定であることは話していたので、婚約期間は半年を過ぎました。
 

一樹さんもオープンな性格なので、仕事関係者にも、サークルの仲間にも、婚約の事実を隠さず話してくれています。

もちろん、デートでよく行くスポーツジムでも、私達の婚約を知っている人は多いです。
 

普通(私の基準です)、目の前の異性に婚約者が居ると知ったら、それなりの対応になるはず。

だけど世の中には、そんなことお構いなしの、空気の読めない女性も居るようです。
 

もしかしたら悪意は無く、誰に対してもフレンドリーな女性なのかもしれません。

異性という感情ではなく、対人間として、男女へだたりなく接する女性なのかもしれません。

でも、現在、メンタルが弱くマイナス思考の私には、婚約者の私に対する嫌がらせにしか感じられなくて。

考え始めると、悶々としてしまいます。
 

一樹さんの事は信頼しているので、他の女性が近づいてきても心配はしません。

でも、あまり気分の良いものではありません。
 

今日は、そんな心の狭い、嫉妬深い私の、妄想的なお話です。
 

スポンサーリンク


見覚えのないスポーツタオル

それは、転院前の外泊で、一樹さんの自宅に1泊した時の話。

お風呂に入った私は、脱衣所の乾燥機が目に止まりました。

中に洗濯物が入ったままになっています。
 

一樹さんは、洗濯物を乾かしたら、そのまま放置してしまうことがほとんど。

必要な時に、乾燥機の中から引っ張り出しているようです。

まぁ、男の一人暮らしですから、そんなものでしょう^^

いつもデートで泊まりに行った時に、私が取り出して畳んでいました。
 

この日も、いつもの様に、乾燥機から洗濯物を取り出しました。
 

すると・・・見覚えのないスポーツタオルが目に止まりました。

ん?誰のスポーツタオル?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク