丸亀製麺へGO!


まおです。

病院を出た時は、既にお昼。

『まおさん、何が食べたい?』

そう言われて、丸亀製麺をリクエストした。
 

スマホに丸亀アプリをダウンロードする程、丸亀製麺の讃岐うどんファンの私。

うどんならスルスルッと食べられそうな気がした。
 

一樹さんは、季節限定タル鶏天ぶっかけ。

私は、かけうどんの並を注文した。

ネギを山盛り乗せて、生姜で頂いた。
 

いつもなら、かけうどんの他に、天ぷらも2個ペロリと平らげるのだけど、さすがに天ぷらは喉を通らなかった。

それでも、かけうどんを半分以上食べられた。

一樹さんにも『それだけ食べられたら合格だ^^』そう言って貰えた。
 

今の私には、最高の褒め言葉だ。
 

スポンサーリンク


お風呂に入りたい

夢にまで見た(笑)、一樹さんの自宅に到着。

涙が出そうな程、嬉しかった。
 

『疲れたでしょ?少しお昼寝すれば?』

そう言われたけれど、私の答えは

「お風呂に入りたい!」
 

病院でもお風呂はOKだったんですが、知らない人の後に入るのは抵抗がありました。

湯船にはつからずシャワーだけだったので、入った気もしませんでした。
 

一樹さんは、すぐにバスタブにお湯をためてくれて、入浴中も何度か声を掛けてくれました。

『まおさん、大丈夫?気分悪くない?』

体重と共に体力も落ちてしまったので、長時間の入浴は疲れます。

浴槽の中で私が沈んじゃわないか、心配だったそうです(笑)
 

スポンサーリンク


チョコレートパフェ

お風呂から上がると、ダイニングテーブルに何か置かれていました。

『まおさん、チョコバナナパフェを作ったんだ。食べてみて!』

「わぁ~、すご~い!」

そう、そこにあったのは、すご~い不細工なチョコバナナパフェでした(●´ω`●)
 

サーティーワンのバニラアイスに、スーパーで買ってきたらしいチョコレートソースをたっぷりかけ、バナナをぶった切ってトッピング。
 

食欲のない私に、一樹さんなりに色々工夫してくれたのだと思う。

職業柄、手先はとても器用な一樹さんだけど、パフェなど盛り付けたことはないだろう。

今にも崩れそうなチョコバナナパフェだったけれど、溢れる愛情を感じた。
 

とにかく頑張って口に運んだ。

『無理しなくていいよ』

そう言ってくれたけど、そんな心配は無用だった。

私は綺麗に平らげた。
 

これまでの人生の中で、こんなに美味しいと思った物は無かった。

ちょっと大げさだけど、そのくらい美味しかった。
 

このところ食欲が無かったり、食べていても途中で吐き気がして、食べられなくなってしまうことが多い。

そんな時に、デザートだけど出されたものを完食出来るって自信になった。
 

検査しても、特段悪いところはない。

全てがストレスで片づけられてしまう。
 

そんなストレスのひとつだった、臨時役員会が終わった。

予定通りスカイプで参加した。

詳しいことは、落ち着いたら記事にしたいと思っています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク