変わらない一樹さん


まおです。

入院生活も長くなり、病棟の主となりつつあった私。

手術をした患者さんでも、2週間以上入院される方って少ない。

私より後から入院した患者さんが、次々に退院していく姿を見るのは、ちょっぴり切ない。
 

もちろん私だけじゃなく、付き添う家族も大変だ。

私の実家から病院まで、車→電車→バスで片道1時間半かかる。

当初、実家の母は毎日通ってきてくれていたけれど、母も仕事を持つ身。

体調を崩したら大変なので、週2にして貰った。
 

その分、一樹さんに負担がいった。

毎晩、仕事終わりに顔を出してくれる。

疲れた顔一つ見せず、いつも笑顔だ。
 

スポンサーリンク


基本的にお喋り

病室で晩御飯を食べ終わると、その日の出来事を話してくれる一樹さん。

時事ネタから、靴下に穴が開いたなんて、どーでもいい話まで幅広い。

基本的にお喋りで、裏表のない性格に魅かれた。
 

しかし、ここが病室であることを忘れ、大きな声でベラベラ喋るから注意した。

「もう面会時間おわってるから、もうちょっと小さな声でね(^^;)」

『ゴメン、ゴメン。まおさんの顔見ると嬉しくて、ついつい声が大きくなっちゃう』

そう言われるのも嬉しい。
 

一樹さんとの時間は、あっという間に過ぎていく。
 

この日、帰り際に『転院の日が決まったよ』と言われた。

そして、1泊だけだけれど、外泊の許可も出た!
 

退院した日の夜、一樹さんの自宅に泊まり、翌日、新しい病院に入院することになった。
 

スポンサーリンク


娑婆の空気は上手い

退院した日、どこに泊まるのかは、少々揉めた。

両親にしてみれば、家(私の実家)に戻るのが当たり前だと思うだろう。

ただ、新しい病院と私の家は真逆の方向で、車で2時間の距離にあった。

また、どうしても一樹さんと一緒に過ごしたかったので、一樹さんが両親に話を付けてくれた。
 

両親と話をするのは、なかなか勇気が必要だったと思う。

結婚を反対している父に、私を自宅に泊める許可を得るなんて、エンマ様に会いに地獄に行くようなものだったと思う。

恐らく、一生懸命に頭を下げてくれたんだろうと思う。
 

お陰で転院のため退院した日、その足で一樹さんの自宅に戻ることが出来た。
 

この日仕事が休みで、迎えに来てくれた一樹さんと一緒に、病院の正面玄関を出た時、「娑婆の空気は美味い(^o^)」と口走ってしまった。

それを聞いた一樹さん『お務めご苦労様でした』だって(笑)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク