父は戻らなかった


まおです。

結局、デイルームで昼食を済ませた父は、その後、病室に戻ることなく帰っていった。

言いたいことだけ言って、さっさと帰っていくなんて。。。

一体、何しに来たんだよ。

心の中でそう思った。
 

でも、父が反対する気持ちも分かる。

だから頭ごなしに否定出来ない。
 

私も31歳だし、親の反対くらいで結婚を諦めるつもりはない。

しかし、今の体の状況を考えると、両親の反対を押し切ってというのが、物理的にも精神的にも難しい。
 

とにかく今は、体の回復を目指したい。

皆様からのコメントも、励みになります。

ありがとうございます<(_ _)>
 

スポンサーリンク


お見舞いはスターバックス

その夜も、仕事を終えた一樹さんがお見舞いに来てくれた。

『具合はどう?』

「うん、フツー」

『普通?』

「そう、普通」

『僕、患者さんに普通って言われたら困っちゃうな』

「失礼しました。良くもならないし、悪くもならないって意味です」

『な~んか、機嫌悪いよね』

情けないけれど、思うようにならない体にイライラして、一樹さんに当たってしまった。
 

すると一樹さんは、何やらゴソゴソと取り出した。

おぅ!スタバのフラペチーノじゃないか(●^o^●)
 

『解けないうちに飲んで』

そう言いながら、ストローをブッ刺してくれた。
 

これが口に合いましてね^^

Tallサイズを一気に半分ほど吸い上げました。
 

『まおさんの機嫌を取るのは簡単だ^^』

そう笑いながら、コンビニのお弁当を食べ始めた一樹さん。

晩ご飯も作ってあげられなくて、本当に申し訳ない気持ちになりました。
 

スポンサーリンク


父は暴走していた

食後、のんびりテレビを観ながら、1日の出来事を話した。

「昼間、両親と弟が来てくれた」

『良かったねぇ』

「実は、あんまり良くなかった」

『良くなかったってナニ?』
 

一樹さんに話そうかどうか迷ったけれど、言っちゃった。
 

「父がね、結婚は諦めろって」

『そうかー』

「そうかって・・・あんまり驚かないんだね」
 

フツー驚くでしょ?

何でそんなに平静で居られるの?

どうして?
 

「もしかして、父が何か言った?」

『いや、何も言われないよ』

「一樹さん、嘘が下手だし!」

『バレタか^^』
 

バレタかじゃないよ。

どうして言ってくれないの!!

どうやら父は、私の知らないところで暴走していたらしい。

そして一樹さんは、一人で悩んでいたのだ。
 

父に対して腹が立つやら

一樹さんに対して申し訳ないやら

動けない自分に情けないやら

もうどうしていいか分からなくなった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク