まおです。

今夜も、ちょっと体調が良くなくて<(_ _)>

ここから先は、以前書いた記事で、非公開だった記事になります。

叔父様の件で、私の父が、結婚に反対し始めた頃の話です。
 

スポンサーリンク


結婚指輪は?

先日、ブライダルの仕事を終えて帰ろうとした時、声を掛けられました。

「ちょっと、まおさん!!」
 

結婚式場のジュエリー担当の麗奈さんだ。
 

「ねぇ、まおさん、いつ結婚指輪選びに来てくれるの?」

そう麗奈さんから、結婚指輪を購入する約束をしていたのだ。

自分の身を守るすべを覚えた。
 

「麗奈さん、ごめんね。なるべく早く選びに行くから」

「のんびりしてるね。どうかした?」

「まぁ、色々と事情があってね」

「喧嘩でもした?」

「でもないけど内緒(^^;)」

「もしかして浮気でもされた?」

「なんちゅう失礼なっ!!」

「じゃぁ、家族に結婚を反対された?」

「・・・・・」

「あっ、ゴメン、図星?」

「・・・・・」

「良いじゃん、恋愛は障害があった方が盛り上がるし!」
 

ちっとも良くないんですケド。
 

恋愛に障害なんて無い方が良いに決まってますが「障害があった方が盛り上がる!」と言う意見も一理ある?

そこで、どんな障害があるのか興味を持って調べてみました。
 

セキララ☆ゼクシー

20~30代女性236人に「結婚するにあたって、障害となったことはありましたか?」と聞いたところ、36%が「あった」と回答。

なんと、結婚を決意した女性の約3分の1が障害を経験したという結果に!
 

1.遠距離恋愛だった 25%

2.自分の親の反対があった 23%

3.相手に離婚歴があった 13%

4.相手の親の反対があった 10%

5.相手との年の差があった 11%

6.収入格差があった 10%

その他
「自分に離婚歴があった」(4%)
「相手が子持ちだった」(2%)
「自分が子持ちだった」(1%)
「親の介護が必要だった」(4%)
「国籍が違った」(1%)
(複数選択)

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「義親との同居、結婚資金、親の反対」について
調査期間:2017/10/13~11/6
有効回答数:236人(女性)

ん~、結構、フツーの障害でした(笑)

「一人っ子同士だった」って障害がランクインするかと思ったんですが、そういう項目は無かったのかな?

「親の反対」の中に含まれるのかもしれません。

私みたいに「お相手の叔父様に意地悪された」なんて、やっぱり特殊事例でした(^^;)
 

スポンサーリンク


盛り上がったの?

叔父様の件と、父の反対で、私と一樹さんの恋愛が盛り上がったか?

そう聞かれたら、答えはNO。

こんな騒ぎは、無かった方が良いに決まってる。
 

ただ、お互いの気持ちを確認出来たので、悪い事ばかりでは無かったかもしれない。

しかしそれも、この後の展開次第だ。

どう決着がつくのか、全く予想出来ない。
 

麗奈さんとの話も上の空で、この先、非常勤役員の仕事も含め、自分がどうなるのだろうと考えていた。
 

すると麗奈さんが、突然こう言った。

「ところで、まおさんって、〇〇〇〇だった?」
 

ストレートな物言いが個性の麗奈さん。

悪気はないと思う。

しかし私の気持ちは複雑だ。

続きは、また明日。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク