番組を降ろされる


まおです。

どのくらい保坂ディレクターの車の中で泣いていただろうか?

私が落ち着いたのを見計らって、保坂ディレクターは言った。

『まおちゃん、そんないい加減な男と付き合ってるの?』

返す言葉がなかった。
 

押し黙っていると、保坂ディレクターは『今すぐ彼に連絡をして、今日のようなことが起こらないようにしてもらうんだ』と言う。
 

私が、彼には後で連絡をすると答えると『今すぐ電話しろ』と引かない。

私が掛けないなら『僕が掛ける』と言い出した。
 

『もしあの女性が、この後、局に嫌がらせのメールでも送ったら、事実かどうかなんて関係なく、まおちゃんは番組を降ろされるよ!』
 

確かにそうだ。

過去に前例がある。

保坂ディレクターの言う通りだ。

スポンサーリンク


電話の向こうの一樹さんの声に泣ける

私は、その場で一樹さんに電話をした。

既に診察は終わっている時間。

一樹さんは

すぐに電話に出てくれた。

一樹さんの電話の声は

いつもと変わらない。

優しくて穏やかな声だ。

私は泣いたのを悟られないよう

いつも通りに話した。
 

ま  お「今、お話してもいいかな?」

一樹さん『良いよ。珍しい時間に電話くれたね。どうしたの?』

ま  お「今ね、ラジオ局に女性が訪ねて来てね『辞めて欲しい』って言われたの」

一樹さん『辞めて欲しい?』

ま  お「恐らくだけど、歯科衛生士の松浦さんじゃないかと思うの」

一樹さん『・・・え?』

ま  お「リスナーさんとトラブルになると、降板させられちゃうの」

一樹さん『うん』

ま  お「松浦さんに、もう局には訪ねて来ないように上手く伝えてもらえないかな?」

一樹さん『分かったよ。今すぐ連絡する。』
 

たったこれだけの会話で、一樹さんは全てを察知したようでした。
 

「私、二股かけられたのかな?」って聞きたかった。

でも、隣に保坂ディレクターが居て聞けなかった。
 

聞くまでもなかったかもしれない。
 

スポンサーリンク


信じられないよ

一樹さんが、二股をかけるなんて信じられないよ。
 

オーベルジュの帰り道

私は新幹線で帰るつもりだったのに

往復3時間かけて自宅まで送ってくれた。
 

別れ際に

「これ、まおさんのご両親へ」って

お土産を手渡してくれた。
 

「まおさんの誕生日を

 ずっと一緒にお祝いしたい」

そう言ってくれたのが噓なんて

到底、信じられないよ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク