飛び散ったガラス


まおです。

私の肩に当たって落ちた額縁は、

床に叩きつけられ割れてしまいました。

私の小さな悲鳴とガラスが割れる音で

我に返った一樹さん。

『ゴメン!!まおさん大丈夫?

怪我しなかった?

どこに当たった?

どこ?見せて?

痛い?痛くない?

頭?肩?どこに当たった?』

それはもう大慌てだった。
 

「大丈夫だよ。肩にちょっと当たっただけだよ。一樹さん大げさすぎる(^^;)」

『ゴメン、本当にゴメンね・・・』
 

スポンサーリンク


自己嫌悪だって

割れたガラス片を片付けようとしたら

『危ないから、僕がやるから』

そう言って、私を遠ざけた一樹さん。
 

でも、一樹さんこそ、ガラス片で指でも切ったら大変だ!

「私が片付けるから、一樹さんは離れてて」

『いや、僕がやる』

「私がやる」

『僕がやる』

で、結局、一緒に片付けた。
 

ガラスのかけらを拾いながら、一樹さんは言った。

『頭に血が上って、まおさんに怪我をさせちゃうなんてサイテーだ』

怪我なんてしてないし、

額縁が落ちたのは不可抗力。

そう説明したけれど、一樹さんは

相当落ち込んでしまった様子だった。

『こんなカッコ悪いとこ、

まおさんに見せたくなかった』
 

スポンサーリンク


嬉しかったよ

正直、録音レコーダーを聞いた直後の

一樹さんの激高ぶりは怖かった。

どうしたらいいか分からなかった。
 

でも、それだけ私の事を思ってくれているのだと思った。
 

世間では、嫁と自分の実家のトラブルなんて面倒くさくて「上手くやってくれよ」なんて言うご主人も居るかもしれない。

あるいは「仕事で疲れてるんだ。そんな話聞きたくない」そう言うご主人も居るかもしれない。
 

でも一樹さんは、ちゃんと話を聞いてくれる。

そう考えると、とても嬉しかった。

この先、何かあっても、私の味方で居てくれるんじゃないかなと思った。
 

私は「叔父様に対して本気で怒ってくれて、嬉しかったよ」

そう伝えたけれど、一樹さんの返事は

『外で頭を冷やしてくる』だった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク