みるみる顔色が変わる


まおです。

スマホの録音レコーダーを再生してすぐ、一樹さんの顔色がみるみる変わっていきました。

最初は信じられないという表情でしたが、すぐに顔が真っ赤になって。。。

この後、どうなっちゃうんだろう。

そう思うと、怖くて怖くて。
 

7分間の再生が終わると、一樹さんは

『これは何なんだ!!』と。
 

私に問いかけるというより、自分自身に問いかけているようでした。
 

『あいつ、どういうつもりだ!!』
 

『あいつ』と言うのは、叔父様のこと。

一樹さんが目上の人を『あいつ』なんて呼ぶことは絶対に無くて、この時が初めて。

そのくらい腹が立ったんだと思いました。
 

スポンサーリンク

叔父に電話をする

一樹さんのあまりの激高振りに、なすすべもない私。

ただただ、一樹さんの気持ちが収まるのを待つしかありませんでした。

しかし、気持ちが収まるどころか、ますます興奮していって、ついには『叔父に電話を掛ける』と言いだしました。
 

こんなに興奮した状態で電話を掛けても、喧嘩になるだけで解決はしない。

絶対に電話など掛けさせてはいけないと思いました。
 

私は、テーブルの端にあった、一樹さんのスマホを取り上げました。

すると、リビングの固定電話で掛けようとするので、私は体を電話に覆い被せるようにして、全力で妨害しました。

『まおさん、邪魔しないで!』

そう言われても、私は電話機を抱えたまま離れませんでした。
 

「もう弁護士さんにお任せして!

間に代理人弁護士さんが入ったら

当事者同士は連絡を取り合えないの。

そう、書面でやり取りしてるの。

一樹さんだって知ってるでしょ?

A先生も後々しこりを残さないように

骨を折って下さっているのに、

今、電話で再び騒ぎになったら、

A先生も困っちゃうよ!」
 

スポンサーリンク



一樹さんは、やり場のない怒りを

どうすることも出来なかったのでしょう。

電話を掛ける掛けないで、その場で揉み合い(ちょっと大げさだけど)になりました。

そして、一樹さんが受話器を取ろうと手を伸ばした時、壁に掛かっている額縁に腕が当たり、外れた額縁が運悪く私の肩に当たって、床に落ちて割れてしまいました。

 
「キャッ!」

私の声にならない悲鳴を聞いて、

一樹さんは我に返ったようでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク