スマホを出しなさい


まおです。

ファミレスで夕食を取りながら、A法律事務所でのことを一樹さんに報告した。

電話で待ち合わせの約束をしたときから、一樹さんはご機嫌斜めだった。

何でこんなに機嫌が悪いのかな?

一樹さんの顔色を伺いながら報告をした。
 

すると突然、『まおさんのスマホを出して』と言われた。

一樹さんは録音レコーダーがあることを知らないはず。

なのに何故???
 

スポンサーリンク


白状した

「なんで知ってるの?」

『まおさん一人じゃ心配だから、A弁護士に面談の時間を変えてもらえないか連絡したんだ』

「えっ?いつ?」

『今日のお昼休み』

「で、何て言われたの?

『他の面談の予定が入っているから、時間は変更できないって』

「それで?」

『そしたら、今日は録音を聞かせてもらうだけで、それ以上の話はしないからって』
 

げっ、A弁護士さん、喋っちゃったんだ(ー_ー)!!
 

『どーして僕に言わないの!』

「だって・・・」

『だってじゃないでしょ!』

「ご・・・めんなさい」
 

ファミレス店内でモーレツに叱られた。

ご飯が喉を通らなくなるくらい叱られた。
 

スポンサーリンク


音声レコーダーを再生

一樹さんは、今すぐ聞かせてと言ったけれど、とてもファミレスでは聞かせられない。

どうにか説得して、急いで自宅に戻った。

コーヒーを淹れようと思ったら

『コーヒーなんか後にして』

そう言われて、ソファーに座った。
 

「聞いたら嫌な気持ちになるよ」

そう伝えたけれど『早く聞かせて』と。
 

私は、A弁護士さんに聞いて頂いた時と同じように、最初に録音日を確認してもらった。

そして再生をタップする。

これを聞いたら、一樹さんが何をするか?

考えたら手が震えた。
 

静かなリビングに、スマホから流れる叔父様の声が響き渡った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク