電話の内容


まおです。

A弁護士は、すぐに平野先生に電話を入れてくれました。

「困った、困った」を連発しながら。
 

A「今、聞かせてもらいました」

平「如何でしたか?」

A「いや、困っちゃったよ」

平「そうですよねぇ」

A「こりゃ、困ったな」

平「これからですがー」

A「少し時間を貰っても良いですか?」

平「もちろんです」

A「この後、取締役(叔父様)が見えるので、確認してご連絡します」

平「まおさんと鉢合わせしないようにお願い出来ますか?」

A「承知しました」
 

スポンサーリンク


臨時役員会

「弁護士をしていて、これほど困ることは、あまりないなぁ~」

そう言いながら苦笑いのA弁護士。

「取締役に、すっかり騙されちゃったなぁ」

そんな風にも、おっしゃっていました。
 

ここから話は、6月某日に開かれる、臨時役員会の話になりました。

議題は「まおが役員の仕事を放棄した。罰を与えよう!」です。
 

あくまでA弁護士さんの考えですが、

「まおさんも出席された方が良い」と。

平野先生と相談してから返事をする事にしましたが、私に非がないのなら、堂々と出席した方が良いとおっしゃっていました。

気が重いけれど、A弁護士のおっしゃる通りかもな。

そしてこの時、あることを思いつきました。
 

スポンサーリンク


ぶちまけちゃおうか?

「あの、A先生・・・」

「はい」

「臨時役員会の席で、この録音データーを、他の取締役の皆さんに聞いて頂いても良いでしょうか?」

「へっ?」

「私、きっと上手く説明できないと思うんです」

「いや、お仕事柄、お話はお上手じゃないですか。。。」

「私に非があると思いこんでおられる取締役の方も多いと思うので、細かく説明するより、聞いて頂いた方が早いかとー」
 

A弁護士は大慌てでした。
 

それはそうでしょう。

叔父様の代理人弁護士として、役員会で叔父様の顔を潰すようなことを、私にさせるわけにはいかない。

それに、A弁護士は一樹家企業の顧問弁護士さんです。

何とかして、穏便に解決しようと考えたはずです。
 

A弁護士の焦りようを見て、ちょっぴり申し訳ない気持ちにもなりました。

でも、これ以外、自分の気持ちを発散する方法が見つかりませんでした。
 

今思うと「脅し文句」に近かったかなと反省しています。

でも、叔父様に仕返しをしたいというのが、正直な気持ちです。

謝ってくれれば、それで良い・・・なんて神対応は出来ません。

私、小っちゃい人間かな?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク