恐るべし録音レコーダー


まおです。

私は、相談室のテーブルの上にスマホを置き、再生をタップしました。

テーブルを挟んで、私とA弁護士は、録音レコーダーから聞こえる声に耳を澄ませます。
 

相談室の外に漏れないように、少し小さなボリュームで。

A弁護士が、相談室の会話を無断で録音しているとは思いませんでしたが、でも、念の為、小さな音で再生しました。
 

ゴソゴソという雑音の後で、叔父様の声が再生されてきました。

「綺麗に録音出来てるねぇ」が、A弁護士の最初の感想でした。

それに対して、私は返事をしませんでした。

何故なら、この後、すぐに叔父様の侮蔑的発言があるので、無駄話などしていたら聞き逃してしまうから。
 

スポンサーリンク


A弁護士の顔色が変わる

録音レコーダーには、こんな会話が録音されています。

「非常勤役員のお話を突然頂いたので、結婚の準備が間に合わなくて。一樹さんとも相談して、入籍は9月にしたいと思ってい・・・」

「入籍くらい、役所に行けばすぐに済むだろう。結局、やる気がないのか!」

「そうではありません」

「俺の言う通りにしとけ!」

「やらなければならない仕事があるなら、明日からでも・・・」

「この〇〇が!」

「・・・・・?」
 

叔父様のあまりの勢いと、突然発せられた言葉の意味が分からなくて、この後、私はしばらく無言でした。

そして、一方的に叔父様が当たり散らすように、私に侮蔑的発言を繰り返す声が録音されていました。
 

途中、チラッとA弁護士の顔を覗くと・・・先程までの穏やかな表情が消え、険しい顔をしたまま固まっていました。

A弁護士は微動だにせず、録音レコーダーから聞こえてくる叔父様の声に、耳を傾けていました。

ひと言も声を発しませんでしたが、A弁護士は明らかに動揺していました。
 

私は心の中で、ガッツポーズをしました。
 

スポンサーリンク


証明できた!

一通り録音を聞き終わると、A弁護士は「う~ん」と唸ったまま、腕を組み、目を閉じてしまいました。

私は、何も言わず、A弁護士の出方を待ちました。

その間、1分か2分か。
 

A弁護士の第一声は「僕が聞いていた話と、随分違うなぁ」でした。

「私は何と言われていたのでしょう?」

「いやいや、それはねぇ。。。」

言葉を濁してしまったA弁護士。

「これは相当酷いね」

そう言いながら、平野先生に電話を掛け始めました。
 

さぁ、どう決着を付ける?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク