結婚への障害


まおです。

一樹さんとの結婚に向けて、父の了解が得られないので困っています。

しかし、それ以上に、早急に対応しなければならないことが起きました。
 

そう、叔父様の件。

実は、この話には続きがあります。

 真実はスマホの録音アプリの中
 

スポンサーリンク


言った?言わない?

平野先生に相談に行ったあの日。

平野先生は、すぐに叔父様の代理人弁護士A先生に連絡を入れてくれました。

こちらの言い分を伝え、その日は終わったのですが、その時、録音アプリの件は伏せてもらいました。

つまり、あの時は、A先生も叔父様も、叔父様の侮蔑的発言の決定的証拠(?)があることを知りませんでした。
 

伏せた理由ですか?

それは、私が許可なしで録音したから。

何となく後ろめたいとのと、私が計画的に仕掛けたと、イチャモンを付けられたくなかったから。
 

言い方は悪いですが、叔父様は「あんな方」です。

無断で録音したことを逆手にとって、どんな攻撃を仕掛けてくるか怖かったのです。
 

それで平野先生には「録音のことは内緒にして」とお願いしました。

しかし結局「叔父様から侮蔑的発言を受けた」「そんなこと言ってない」の “言った・言わない” になってしまい、解決にはなりませんでした。
 

スポンサーリンク


訴えられるって?

相談に行った数日後、平野先生から連絡がありました。

「相手方が納得しないんだよね。

 もう訴えて来そうな勢いだよ。

 録音があるって言っちゃって良い?」
 

訴えて来そうな勢いってぇ?(ノД`)・゜・。

なに?なに?どうして訴えられるの?

ある日突然、裁判所から特別送達とか、届いちゃったりするの?(T_T)
 

平野先生によると、叔父様の発言とは別に、私が非常勤役員の仕事をしていないのは事実だから、ちょっと問題らしい。

出社もしないし、役員会にも出席しない。

会社に欠席の連絡すらないと。
 

だって、役員会とか連絡貰ってないし!

出席のしようがないじゃないか!!
 

とにかく、まずは、叔父様の発言があったことを証明しなければなりません。

そこで私がスマホを持って、A弁護士の事務所に伺うことになりました。

データとして送ることも出来たかもしれませんが、叔父様の手に渡したくない。

それに、どこかでコピーされて、悪用されないとも限らないので。
 

ちょっと考え過ぎかもしれませんが、音声を編集して順番を変えて繋ぎ合わせたら、どうにでもなっちゃうので。

自分がナレーションの仕事をしていて、編集技術の高さを知っているので、怖いんです。
 

ちなみに、水曜日にA弁護士事務所に伺います。

一樹さんにも弁護士事務所に行くことは伝えてありますが、録音したことは話していません。
 

とてもじゃないけど、一樹さんには聞かせられないもん。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク