また二股かけられたのかな?


まおです。

病室で点滴をしながら考えています。

誰も居ない病室で、真っ白な天井に向かってつぶやきます。
 

また二股掛けられちゃったかな?
 

順調な交際をしているつもりでした。

すぐ近くに、一樹さんとの未来がある。

そんな風に感じていました。

でも、全て私の錯覚だったのかもしれません。
 

空中楼閣
 

ふと、そんな言葉が頭に浮かびました。

スポンサーリンク


土曜日の出来事

保坂ディレクターと来週の打ち合わせを終え、そろそろ帰ろうかと思っていた19時過ぎ。

スタッフから「中庭で女の人が待ってるよ」と知らされました。

ラジオ局はオープンスタジオで、リスナーさんが見学に見えます。

生放送後に、中庭でご挨拶をすることもあります。

しかし私の生放送が終了してから、すでに数時間。

こんな時間に何だろう?
 

リスナーさんとパーソナリティーが対面する場合、必ずディレクターが立ち会うのが決まりです。

「僕も行くよ」と、保坂ディレクターも同行して会いに行きました。
 

既に暗くて、女性の姿は見えません。
 

しばらく探していると、木の陰に40歳くらいの女性が立っているのが見えました。

近寄って「こんばんは」と声を掛けても、その女性は無言でした。

直感で、リスナーさんではないなと感じました。
 

私が「何かご用でしたか?」とたずねると、その女性は

『先日お会いしましたよね』

と強い口調で答えたのです。
 

その瞬間、一樹さんの歯科医院の歯科衛生士さんではないかと思いました。

救急車が来た夜、一樹さんの隣に居た、確か「松浦さん」でした。

(ただ、この時は確信は持てませんでした。顔をよく覚えていなかったので。)
 

そして続けて彼女は、こう言い放ちました。

『いい加減な気持ちなら、辞めてもらえませんか!』
 

あまりの勢いに身の危険を感じで2~3歩後ずさりすると、離れて見ていた保坂ディレクターが気付き、慌ててとんでくるのが分かりました。
 

「まおちゃん、どうしたの?大丈夫?」

保坂ディレクターが私の元に来た時には、女性は既に走って行ってしまいました。

スポンサーリンク


「辞めてもらえませんか?」の意味するところ

突然の出来事に、手が震えました。

怖すぎて、その場から動けなくなってしまいました。

焦ったのは保坂ディレクターで「どうしたの?何をされたの?」を繰り返していました。
 

私は保坂ディレクターに、先にスタジオに戻っていて欲しいとお願いしたのですが、「まおちゃんを一人置いて戻れない。決まりだから。」とその場を離れようとはしませんでした。
 

しかし私はスタジオに戻りたくても戻れません。

涙が止まらなくなってしまったから。

 

それを見た保坂ディレクターは、一旦スタジオに戻り、自分の車の鍵を持ってきてくれました。

車の中で、私は女性から『辞めてもらえませんか』と言われたことを伝えました。

保坂ディレクターが「番組を辞めろという意味か?」と聞くので、私は『彼との交際を辞めろという意味だと思う』と話しました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク