温かいコメントをありがとうございます。

“おめでとう”の言葉を頂いて、結婚しちゃった気分になりました(笑)

翌朝


まおです。

最後のプロポーズをして貰った翌朝。

外を走る車の音で目が覚めました。
 

雨上がりの肌寒い朝。

『まおさん、おはよう』

耳元で一樹さんが囁きます。
 

目覚めたら隣に一樹さんが居てくれる。

とても幸せな朝でした。
 

ここで愛の言葉を囁いてもらえるのでは?

そんな期待をした私が間違っていました。
 

『まおさん、起きるよ!』

「えっ、今何時?」

『もう7時だ!!』
 

いやいや、そこは

『もう』じゃなくて、

『まだ』だから”(-“”-)”
 

昨夜は、遅くまで話をしていた。

ベッドに入ったのは2時過ぎ。

なのに・・・『もう7時だ!!』って(-_-;)

ちょっと信じられない(笑)
 

スポンサーリンク


日常という幸せ

先にベッドから起き上がった一樹さんの

後を追うようにキッチンへ。

二人でパンを焼いてコーヒーを淹れた。
 

向かい合ってダイニングテーブルに着く。

何の変哲もない日常が、とても幸せ。

「ふふふっ。。。」

『どうかした?』

「ううん、どうもしないよ」

『この後、走りに行くよ!』

「・・・・・」

『早く食べないと、置いて行くよ!』
 

なんなら、置いて行ってくれて構わない。

だけど優しい一樹さんは、いつも私の準備が出来るまで待っていてくれる(-_-;)
 

久し振りのジョギングは、

一樹さんの後に付いて行くのがやっと。

結局、途中からウォーキングになり、

最終的には散歩になった(~_~メ)
 

途中、いつも立ち寄る公園で

『また、まおさんと一緒に来られて良かった』

そう言って貰えたのが嬉しかった。
 

スポンサーリンク


お義母様に報告

本来なら、ご実家に出向いて報告をしなければならないけれど、取り急ぎ電話で報告。

私から電話をして報告をすると、

電話の向こうでお義母様は

「本当に良かった。安心した」

とても喜んで下さいました。
 

挙式・披露宴をする・しないは、全て二人に任せるので、よく相談して決めなさいと。

万一、私の両親が反対するようなら、応援に行くと仰って下さいました。
 

お義母様にも心配を掛けてしまったけれど、こうして喜んでもらえて良かった。

一樹さんも、隣で嬉しそうに、私とお義母様の会話を聞いていました。
 

一通り話を終えて、電話を切ろうとしたその時・・・

「まおさん、こんな時に言うのは申し訳ないんだけれど・・・。臨時役員会が開かれることになったの」
 

いよいよ叔父様が動き出したなと思いました。

「お義母さん、大丈夫です。心配しないでください」

私は、そう伝えて電話を切りました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク