いつもご訪問頂きまして、ありがとうございます<(_ _)>

昨日より、スマホのトップページに不具合が生じております。

ブログタイトル最新記事のタイトルが表示されません。

専門的な知識がない素人で、不具合を解消させることが出来ませんでした。

大変読みにくくなっていて申し訳ありません。
 

また、ここ数日、心配して下さった方から、プライバシーポリシーの記事にコメントを頂いておりました。

ありがとうございます。

最新記事にスパムが飛んでくるため、コメント欄を一時的に閉鎖させて頂いておりましたが、現在は、解放いたしております。

時間的にお返事が書けるかどうか分かりません。

本当に申し訳ありません。

しかし頂いたコメントには、全て目を通させて頂いております。

ありがとうございます。
 

お義母様からの電話


まおです。

昼間、お義母様から電話がありました。

電話を受けた母が、私の部屋に取り次いでくれました。

「お父さんが帰って来る前に切りなさい」

そう言われました。
 

父はまだ、怒りが収まらないのでしょう。

叔父様からの謝罪がないと、

納得できないようです。

父の言うことは間違っていません。

でも、叔父様の謝罪を受けることは、

今の段階では相当難しい話です。
 

話を元に戻しますね。
 

スポンサーリンク


電話の向こうで

お義母様から電話を頂くなんて

思ってもいなかったので、

かなり緊張して受話器を取りました。

急に何だろう?

嫌な予感もしました。
 

「お待たせしました。まおです」

電話の向こうから、お義母様の優しい声が聞こえました。

「まおさん、元気?変わりない?」

「はい、ありがとうございます。私は元気にしています。お義母さんと一樹さんは、お変わりないですか?」

そう声を掛けると、お義母様はいきなり涙声になってしまいました。

「どうかされましたか?大丈夫ですか?」

何度か声を掛けましたが、お義母様は

「ごめんさい。本当にごめんなさいね」

そう繰り返すばかりでした。
 

どうやら叔父様と私が、代理人弁護士を立てて話し合いになった事が、お義母様と一樹さんの耳に入ったようでした。
 

スポンサーリンク


責任を感じる

お義母様は「私のせいで、こんなことになってしまった」と繰り返していました。
 

叔父様とトラブルになったあの日、お義母様は席を外していました。

丁度、銀行(証券会社?)の営業マンらしき人が来られて、玄関先で話をされていたのです。

その間に、叔父様と私は先に応接間に上がらせて頂きました。

しかし「すぐに終わるから」とおっしゃったお義母様がなかなか戻らず、しびれを切らした叔父様と私で、打ち合わせを始めたのです。
 

そしてすぐに、叔父様のあの発言。
 

お義母様は「私が一緒に居れば・・・」と、ご自身を責めていらっしゃいました。

一樹さんからも、私と叔父様だけでは心配だから、必ず同席するようにと言われていたのに、それが出来なかったと。

何度も何度も「ごめんなさい」と繰り返していらっしゃいました。
 

でも、急な来客は、お義母様のせいではありません。

それに叔父様のあの発言も、打ち合わせに入ってすぐの事でした。

誰だって、こんなわずかな時間に、トラブルになるなんて想像もしないでしょう。
 

スポンサーリンク



最初から叔父様は、何か気に入らなかったのだと思います。

自分の思うとおりに、私を動かすことが出来なかったから、イライラしたのかもしれません。
 

「お義母さんのせいではありません。

 私の対応がいけなかったのです。

 あの時、席を立たずに、お義母さんが

 戻られるのを待てば良かったんです。

 大事になってしまったのは私の責任です。

 本当に申し訳ありません。」
 

私がそう伝えても、お義母様の涙が止まることはありませんでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村