今頃は、マッサージをしていた


まおです。

一樹さんとお付き合いしていた時は、水曜日の午後から自宅にお邪魔していた。
 

午前中にブライダルのナレーション録りをして、その足で新幹線に飛び乗った。

駅のデパートで夕食の食材を買って、タクシーで歯科医院へ。

夕食の支度をしながら、一樹さんの仕事が終わるのを待った。
 

『まおさん、ただいま!』

そう言いながら、勢いよくリビングのドアを開けて帰って来たっけ。

喋り出すと止まらなくなっちゃうので、上手く誘導してお風呂場へ。

その間に、大急ぎで夕食の準備。

料理は苦手で、レパートリーも少ない私の手料理を、いつも『美味しいよ』と言って残さず食べてくれた。

ワインを飲む時は、私のグラスに氷を浮かべてくれた一樹さん。

ワインに氷を浮かべるなんて邪道すぎるけど

『まおさんは、ちょっと薄まったくらいが丁度良いでしょ?』

そう言って笑っていた。
 

本当なら今頃は、一樹さんにマッサージをしてあげている時間。

『仕事が終わって、まおさんにマッサージをして貰うのが一番の楽しみ』

そう言われたのが、何より嬉しかった。
 

スポンサーリンク

スマホが鳴らない理由

一樹さんから、ピタッと連絡が途絶えた。

交際を始めた当初から積極的で、一樹さんのペースでお付き合いしてきた。
 

私が病気を理由に何度か「別れたい」と言った時も、決して首を縦に振らなかった一樹さん。

でも、今回ばかりは、呆れちゃったのかな?

あんなに大切にして貰っていたのに、一方的に「もう会えません」なんて言われたら、さすがの一樹さんも嫌になっちゃうよね。
 

今更、私から電話しても迷惑かな?

そんな自分勝手なこと許されないよね?

本当に自分が嫌になる。
 

スポンサーリンク


母から知らされた事実

夕食後、母と二人になった。

「その後、一樹さんから連絡は?」

「全くないよ」

「お父さんがね“もう連絡はしないように”って伝えたからだよ」

「えっ!いつ?」

「叔父さんの手紙が届いた後。電話でお義母さんにね」

そうか、そうだったのか。。。
 

父の怒りは沸点だった。

そんな父から、結納の品を返され、連絡もするなと言われたら、一樹さんも何も出来ないだろう。
 

一樹さんからの連絡を待っていた私はズルイ。

でも、一方的に婚約解消を申し出て、今更、何と言って連絡をすればいいのか。
 

もうすぐ日付が変わる。

今頃、一樹さんは何をしているだろう。

何を考えているだろう。

明日の休診日は、何をして過ごすのだろう。
 

こんなに大好きなのに会えないなんて。

切なくて

悲しくて

寂しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク