父と一樹さん


まおです。

父はすぐに、私と一樹さんの居る客間に入って来ました。

一樹さんの顔を見るなり

「この度は、娘がご迷惑をお掛けして・・・」

そう言いながら頭を下げようとしました。
 

すると、一樹さんが立ち上がり、それを静止。

『お義父さん、お詫びしなければならないのは僕の方です。』

そう言って深々と頭を下げた。
 

『叔父が、まおさんに、大変失礼なことを申し上げたようです。本当に申し訳ありません』

一樹さんは、立ったまま、膝におでこが付くんじゃないかと思うくらい、深く頭を下げ続けました。
 

スポンサーリンク


結婚の話は無かったことに

「〇〇さん(叔父の名)が娘に対して

**と言ったのは本当なのですか?」

父もまた、信じられないといった表情でした。
 

その後、父と一樹さんは、短い言葉で会話を続けました。

「どうしてそんなことを仰ったのでしょう?」

『申し訳ありません。僕も分かりません』

「娘が何か失礼を?」

『違うと思います』

「娘の言うことが本当なら、親として辛い」

『申し訳ありません』

「一樹君はとても良い青年だ」

『・・・・・』

「でも、娘を嫁にはやれない」

『まおさんからも、婚約解消の申し出がありました』
 

スポンサーリンク



父は一見穏やかに見えた。

でも、心の底では、かなり怒っていたと思う。

婚約指輪と結納の品が入った紙袋を、

「お持ち帰りください」

一樹さんに手渡した。
 

静かな口調だったが、

一刻な父の意志の強さを感じた。
 

本当にそんなことを言われたのか?

一樹さんも父も母も、半信半疑だったと思う。

でも私が嘘を付く理由がない。
 

父から結納の品を返されて、

一樹さんも受け取る以外に無かった。
 

一樹さんは、口に出して『婚約解消を承諾します』と言ったのではないが、結果的に、承諾したことになった。
 

私も父も、玄関先で失礼した。

母だけが、一樹さんを外に出て見送った。
 

本当に、呆気なかった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク