辛くて身の置き所がない

まおです。

朝から調子が悪くて、

熱を測ったら39度近い。

午後、病院に行ったけれど

原因が分からない。

でも薬が効いたのか

夜には37度台になった。
 

体が辛い。

心は、もっと辛い。
 

スポンサーリンク

鳴り続けるスマホ

昨日、一樹さんのご実家を

飛び出したのは16時。

ただただ、その場から離れたくて

方向も分からず歩き続けました。
 

15分か20分した頃、スマホが鳴りました。

ご実家からでした。

恐らくお義母様からでしょう。

私は、即、着信拒否設定をしました。
 

それから更に20~30分した頃、

再びスマホが鳴りました。

一樹さんでした。

恐らく実家から連絡を受けて

仕事の合間に掛けたのでしょう。

電話に出ようかどうか迷いましたが

どうしても出る気になれませんでした。
 

その後は、15分おきにスマホが鳴りました。

歯科医院の番号が表示されたので、

恐らく一樹さんがスタッフさんに頼んで

掛けてもらったのでしょう。
 

スポンサーリンク


途方に暮れる

1時間半くらい歩いたと思います。

最寄りのJRの駅までたどり着きました。
 

一樹さんの自宅に向かおうか?

自分の家に帰ろうか?
 

約束では、仕事を終えた一樹さんが、

ご実家まで車で迎えに来てくれる事に

なっていました。

でも、ご実家を飛び出してしまった。
 

どうしたらいいだろう。

途方に暮れて駅前の公園のベンチに

座り込んでしまいました。
 

その場で、私はスマホを取り出し

叔父様に言われた**の意味を調べました。

イマドキ使わない言葉です。

私の勘違いではなく、

間違いなく侮蔑の言葉でした。
 

日が暮れてくると急に寒くなって。

近くの自動販売機で缶コーヒーを買って

指先と頬っぺたを温めました。
 

そのうちに帰宅する人の数が増え

時計を見たら19時でした。
 

スポンサーリンク


一樹さんからのLINE

『今、どこに居るの?』

私は返事をすることなく

その後は、未読無視をしました。
 

どうしても一樹さんと

話をする気持ちになれませんでした。
 

自分の意志で役員の仕事を引き受けたのに

半月も経たないうちに、この始末。
 

「役員の仕事を引き受けてくれてありがとう」

そう言って貰ったのに。。。

一樹さんに顔向けできない。
 

一樹さんから次々と来るLINEや電話。

手の中で鳴るスマホの音を聞いていると

だんだんと追い詰められ

最終的に電源をOFFにしました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク