結婚と出産


まおです。

ご実家から、一樹さんの自宅に戻り、話をしました。

一樹さんからは

『役員を引き受けてくれてありがとう』

そう言われました。
 

『僕の為に引き受けてくれたの?』

そうも言われましたが・・・

「私自身の為」

そう答えました。
 

後で、あの時、引き受けていれば良かったと、後悔したくなかったから。

もちろん一樹さんの為に何かしたいと思いましたが、最終的には、私自身の為だったと思います。

夫の実家に出入り出来ない嫁なんて、悲しすぎるので。
 

スポンサーリンク


子供は望まないは本心?

「一樹さんこそ、私の為に、ああ言ってくれたの?」

すると一樹さん『僕自身の為』と。

「あ、私のセリフ真似したでしょ?」

そう言って笑い合った。
 

以前にも、子供のことについては話し合っていました。

魔法の言葉
 

この日も『まおさんが、子供を産めないかもしれないと気に病んでいて、それが結婚をためらう理由になっているとしたら、いっそ子供は要らない』そう言ってくれました。

『まおさんが居てくれたらそれでいい』

「どうしてそこまで言ってくれるの?」

『前にも言ったと思うけど、子供が欲しくて結婚するんじゃないから』

「でも、後から欲しくなったりしない?」

『しないよ。まおさんは?』

「ん~、しない。」

そう言いながら二人で微笑んだ。
 

でも、この後、一樹さんに本気で怒られた。

「もしかして、よそで(子供)作る気でしょ?」と言ったら

『冗談でも言うべきことじゃない』と。

反省。反省。反省。
 

でも、真剣に怒ってくれたのが、すごく嬉しかった(p_-)

スポンサーリンク


私達の現実と価値観

これから結婚して家庭を築こうとする二人が

「子供を望まない」と確認し合う。

何だか矛盾している気もする。

でも、これが私達の現実。
 

もしかしたら、こういった事も「価値観」のひとつなのかもしれません。
 

私は、どうしても不妊治療を受けたくなくて。。。

一樹さんも同意してくれました。

不妊治療を受けたくない理由は、ひと言では言えません。
 

何だろうな。。。

「女は産むのが当然」って思われていることに、心が拒否反応を示しちゃったと言うのかな?

「子供産まないのに、何のために結婚するの?」みたいな雰囲気になるのに違和感を覚えたというか。
 

「女は結婚したら、必ず子供を産まなきゃならないの?なんで?」そんな感じになりました。

頑なになってしまった気持ちを、自分でもどうすることも出来ません。
 

続きは、また明日、書こうと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク