ありがとうございます


まおです。

婦人科系の病気について、沢山のご心配のメールを頂きましてありがとうございます。

本来なら、皆様にお返事をしなくてはならないのですが、時間的に難しく返信できていません。

本当に、申し訳ありません。
 

実は、病気のことについて、沢山の情報を頂きました。

名医のご紹介やセカンドオピニオンについて。

薬の副作用の情報から祈祷・お祓いの類まで^^
 

また、同じような婦人科系の疾患を持つ方からのメールに励まされました。

ありがとうございます。
 

スポンサーリンク



 

一樹さんの援護射撃

これから書くことは、書くつもりはなかったのですが、皆様から沢山のご心配のメールを頂いたので、お話しようと思いました。
 

一樹さんのご実家で、一樹家の企業の役員に就く話し合をした日のこと。

「将来、一樹家の企業を継ぐのは、一樹さんの弟さんか、そのお子さん」

そう希望した私に対して叔父様は

「まおさんに子供が出来た時、自分の子供に継がせたいという気持ちになるんじゃないか?」

そう聞いてきました。
 

まだ結婚もしていない段階で、そんな何十年も先の話を出されても困りました。

子供を持ったこともないので、親の気持ちになれと言われても難しい。

そもそも子宝に恵まれるかどうかだって分からない。
 

想定外の質問に黙り込んでいると、一樹さんからまさかの援護射撃がありました。

『僕達は、

子供を望んでいない』
 

スポンサーリンク



叔父様も、お義母様も、弟さん御夫妻も「えっ?」という表情をしました。
 

しばしの沈黙の後、お義母様が「まおさんも、一樹と同じ考えなの?」と。

私が「はい」と頷くと、その話は終わりました。
 

何か事情があると配慮してくれたのか?

それとも、私と一樹さんに子供がなければ、将来、後継者で揉めることも無いと思ったのか?

もしかしたら、当てが外れたと思ったのかもしれない・・・。
 

子供を望まない事を、何一つ責められることなく終わりました。
 

スポンサーリンク


僕達は、子供を望んでいない

一樹さんの発言に、一番驚いたのは、この私でした。

打合せも無しに、突然、おもむろに『僕達は、子供を望んでいない』ですから(´゚д゚`)
 

もちろん私のことを思って言ってくれたのだろうと思いました。

でも、どこまで本心なの?

あの場を乗り切る為だけの思い付き?

それとも、ずっとそう考えていたのかな?

だとしたら、いつからそう思っていたの?
 

ご実家での話し合いが終わり、一樹さんの自宅に戻ってから、二人で話をしました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村