親不孝?


まおです。

母が泣くのが辛いのです。
 

婦人科の診察結果を伝えた時は

「もう面倒くさいから、早く手術してもらえば?」

そんなふうに言いながら、忙しそうに事務所に戻って行った。
 

「面倒くさいから」って・・・(; ・`д・´)

オイオイ、随分な塩対応じゃないか。

そう思ったけれど、深刻そうな顔をされるよりいいか。。。

私は、一樹さんの前で、既に大泣きしてきた後だったから、母にも報告を済ませスッキリした。
 

病気、悪くなってた。
 

命を取られるわけじゃない。

なるようになるし、なるようにしかならない!

そう前向き(開き直り?)に考えられるようになっていた。
 

スポンサーリンク


リビングで母が泣く

一樹家の企業の役員になることを承諾した日曜日。

帰って両親に報告した。

「まおが決めたことだから。しっかりやりなさい」

そう言われた。

両親と私。

ほんの1分にも満たない家族会議だった。
 

その後、私は翌日の仕事の準備で、2階のリビングで資料をまとめていた。
 

1~2時間程してから、1階のリビングから両親の話し声が聞こえた。

私の自宅は、1階と2階のリビングが吹き抜けで繋がっている。

私が2階のリビングに居ることを知らない両親は、私が聞いているとも知らずに話をしたのだろう。
 

おもむろに母がすすり泣く声が聞こえた。

何?どうした?

かすかに父の声が聞こえる。

「お前(母)が泣いたってしょうがないじゃないか。

命にかかわる病気じゃない。

一樹君も理解してくれてる。

まおが一樹君の為に、役員を引き受けたんだ。

好きにさせてやれ」
 

母は、私にはそんな様子は全く見せなかったけれど、ショックを受けていたらしい。

「A総合病院で診察を受けるのは、たぶんこれが最後」

そう伝えてあったので、まさか状態が悪くなっているなんて、微塵も思っていなかったと思う。

それに加えて、一樹家の企業の役員の仕事も引き受けてしまった。
 

母は「苦労するのが分かっていて、嫁に出すのは辛い」と泣いていた。

「仕方ないじゃないか。好きで結婚したいって言うんだから」と父。
 

スポンサーリンク


結婚まであと〇〇〇日

お仲人さんも見つかり、今後は、結納・結婚式までのスケジュールがあっという間に決まっていくと思う。

何だか、とても緊張してきた。
 

結婚式場も予約しなければならない。

もしかしたら、結婚前に手術かも。

そうなるとスケジュールの調整がしにくい。

でも、入籍は一樹さんの提案通り、出会って1年の記念日にする予定。
 

ここに来て、母の泣く姿を見てちょっと心が揺らぐけれど、結婚式の日に笑顔になって貰えるようにしたい。

皆に祝福されて、結婚式の日を迎えたい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク