決断しました

まおです。

いつも読んで下さって、ありがとうございます。
 

スポンサーリンク


沢山悩みましたが、決断しました。

私、一樹家の企業の役員に、

就任することにしました。
 

時期は内緒です。

ごめんなさい。
 

役職も内緒です。

ごめんなさい。
 

一樹家の希望を聞く代わりに、

私からも条件を出しました。
 

一樹さんに、長男としての席を用意すること。

一樹さんは、生涯歯科医師。
 

私の考えも伝えました。

将来、一樹家の企業を継ぐのは、

一樹さんの弟さんか、そのお子さん。

でもこれは、私が決めることではなく、取締役会や株主総会次第。

ただ、私や一樹さんが代表権を持つ意思は無いと表明しただけのこと。
 

スポンサーリンク


これからの私

ブライダルの仕事は、続けます。

役員の仕事をする代わりに、ブライダルの仕事に口を出されることはありません。

ラジオの仕事は、辞めるつもり。

スポンサーさんとの契約が、まだ1年あるので、すぐには辞められないけれど。

もう4年やらせて頂いたので、やり切った感じもあるし。

『始まりがあれば、必ず終わりがある』

誰かがそう言っていたのを思い出したよ。
 

お義母様と叔父様は「感謝する」と言ってくれた。

一樹さんは、目を真っ赤にしてたから、泣いちゃうんじゃないかとハラハラしたよ(笑)

一樹さんの弟さん御夫妻は「兄貴は、まおさんに頭が上がらなくなった」と笑ってた。
 

肝心の私は、言いたいことを言えたし、腹は決まっていたからスッキリした。
 

余談だけど、一樹さんの弟さんは、一樹さんと瓜二つだった(^o^)

思わず、二度見しちゃった。

弟さんの奥さんも「いまだに、後ろ姿は見間違える」って言ってたよ。
 

これで、もう後には引けなくなった。

一樹さんと結婚するのか?

一樹さんの家と結婚するのか?

本気で分からなくなった。
 

でも、やるしかない!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク