1通のLINE


まおです。

まだ、確定ではないけれど、大きな決断をすることになりそうです。

つい1週間前までは、考えてもみなかったこと。

人生って、いつ何が起こるか、本当に分からない。
 

始まりは、先日の土曜日の夜。

仕事を終えて帰宅すると、一樹さんから1通のLINEが入った。

『明日の夜、会えないかな?』

「ごめんね。ちょっと厳しい」
 

日曜日は、披露宴の司会の仕事が入っている。

事務処理も溜まっていて、片付けなければならない。
 

『仕事場まで迎えに行くし、帰りも送るよ』

「ごめんね。無理っぽい<(_ _)>」
 

すると、すぐに電話が掛かって来た。
 

スポンサーリンク


仲人さんに挨拶に伺う

『明日の夜、仲人さんに御挨拶に行きたいんだ』

そりゃ、また、

随分と急ですね(-_-メ)

「何で、勝手に決めちゃうの!」

と、怒ってみたものの、先方も、お忙しいらしい。
 

結局、日曜日の仕事終わりに、一樹さんが式場まで迎えに来てくれて、車に押し込むように乗せられ、お仲人さんの元へ急ぎました。
 

高速に乗ってすぐ、疲れでウトウトしてしまった私。

『着いたら起こしてあげるから』

そう言われて、眠ってしまいました。
 

どの位走ったのか分かりません。

『まおさん、もうすぐ着くよ』

そう言われて目を開けると。。。

何だか見たことのある景色。

どこだったかな?

そう考えながら、助手席の窓ガラスを鏡代わりに、乱れた髪を整えた。
 

ん?

ここ、本能寺じゃん!

スポンサーリンク

拒否る

「何で?

お仲人さんの自宅へ行くんじゃないの?

一樹さんのご実家には行かない約束だよね?

騙して連れて来たの?

ヤダよ。絶対、行かないよ!」
 

『ちょっと、まおさん落ち着いて』
 

落ち着いていられるかよ!
 

どうやらこの日、ご実家でお茶会があって、お仲人さんがいらっしゃっていたらしい。

当初は、お仲人さんのご自宅にお邪魔する予定らしかった。

しかし、ついでだからと、お茶会後に残って、私と一樹さんを待っていて下さったのだ。
 

私は車のシートベルトを外さず、車のシートにへばりついて抵抗していた。

しかし、一樹さんのコチョコチョ攻撃を受け、ひるんだすきにシートベルトを外されて、車の外に引きずり出された(ー_ー)!!

『まおさん、お願い!叔父は居ないから。それに、もう随分お待たせしちゃってるから頼むよ』

そう言われて渋々、本堂玄関に向かった。
 

恐らく、眉間にシワを寄せ、口はへの字に曲がっていたと思う。

『まおさん、ここはどうか、よそ行きの顔でお願い!』

そう言われて、覚悟を決めた。
 

そして、話はとんでもない方向へすすんで行った。
 

スポンサーリンク


病院に行く前の話

最初に書いたように、実はこれ、先週の土・日曜日の話。

その後、水曜日にA総合病院の婦人科で、病状が悪くなっていることが分かった。

だから、この「とんでもない方向へすすんだ話」がどうなるか分からない。
 

結婚のこと、仕事のこと、病気のこと、一樹さんのご実家の会社のこと。

もう、いっぱい一杯。

考えても考えても、どうにもならないことばかり。
 

一樹さんは『どうすればいいか』ではなく『どうしたいか』を考えればいいと言ってくれた。

でも今は、どうしたいかさえ分からなくなってきた。
 

正直言えば、逃げ出したいと思う時もある。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村