冗談のつもり?


まおです。

晩ご飯は、一樹さんが豆腐料理のお店に連れて行ってくれました。
 

「引き上げ湯葉が美味しいよ^^」

なんて言ってくれてたんですが、

まさかの臨時休業(-_-)

ゴールデンウイーク前だから?
 

昼間、大泣きして「死にたい」と言ったら

『豆腐の角に頭をぶつけたら楽に〇ねるよ』

なんて冗談言ってたけど、まさか本当に豆腐料理のお店に連れていかれるとは。

ギャグが昭和すぎて困る(´・ω・`)
 

いずれにしても臨時休業で、豆腐の角に頭をぶつけることすら許されなかった。
 

スポンサーリンク


ちゃんと謝った

結局、近くのカジュアルレストランで夕食をとった。
 

自宅に戻って、お風呂上がりに

「ちょっと飲みたい気分なの」

そう言ったら、一樹さんが大笑いしながら付き合ってくれた。

『飲めないのに、口だけはいちょまえだねぇ』
 

カクテルをグラスに半分。

たったそれだけで顔が真っ赤になった。
 

一樹さんは350mlのビールを1本空けた。
 

『(病気の事で)話足りない事はないの?』

そう話を振ってくれたので

「昼間はごめんね」と謝った。

『泣いてスッキリするんなら、いくらでも泣けばいいよ』

そう言われて、また泣きそうになった。

さすがに、もう甘えちゃいけない。

そう思って、お腹に力を入れて、込み上げそうになる気持ちをグッと堪えた。
 

そんな私の様子を見て、一樹さんは、何も言わずに笑っていた。
 

スポンサーリンク


眠れないから

軽くイビキをかいている(笑)一樹さんをベッドに残し、リビングから窓の外を眺めている。
 

走り過ぎる車を見て、

仕事帰りかな?残業かな?

皆、それぞれ大変なんだな。
 

いつも私のブログを読んで下さっている皆さんは、もう寝ちゃったよね?

そんな事も思ったりしている^^
 

人それぞれ、別々の人生があるんだな。

当たり前なんだけど、不思議に感じる。
 

何で私は、こういう人生なのかな?

最初から決まってたのかな?

それとも自分で選んだのかな?

分からないことだらけだ。
 

スポンサーリンク



病気のことを考え始めると、不安で一杯になる。

こうしてパソコンの前に居ると、いろいろ検索したくなる。

知りたい情報が見付かる一方で、聞きたくない情報も入って来る。

一樹さんには『やめなさい』と言われている。

『今は、沢山の情報が、逆にまおさんを悩ませるから』って。
 

同じことの繰り返しだけど、

こういう状況になると、

本当に結婚していいのかなと悩む。
 

でも、ただひとつ確かなことは、

ずっと一樹さんの隣に居たいなと思う気持ち。
 

たぶんだけど・・・

私、一樹さんのご実家の会社を

お手伝いすることになると思う。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク