お義母様からの電話


まおです。

一樹さんのスマホに掛かって来た電話は、お義母様からでした。

私は、キッチンで洗い物をしながら、電話の内容を聞いていないふりをしながら聞いていた。

そりゃ、気になりますもん。

ダンボより大きな耳で、全神経を集中させて聞いていました。
 

一樹さんも、私に電話の内容を聞かせたいようで、お義母様の言うことをリピートしてました。

『まおさん?』

『近くにいるけど・・・』

『電話に?出ないよ。』

『まおさんに話?叔父さんのこと?』

『僕が代わりに聞くよ』

『叔父さんがお詫び?まおさんに?』

ここで一樹さんが、私の方を振り向いた。

私は両手で大きくバツ×を作った。

どういった風の吹き回しか知らないけれど、叔父様が私に「お詫び(?)」をしたいと言っているらしい。

冗談じゃない!

今更、謝って済まそうなんて。

腹の底から怒りがこみ上げて来た。
 

スポンサーリンク

ヒソヒソ話

私の様子を見た一樹さんは、寝室に入って行った。

どうやら、ここから先の話は、私には聞かせたくないようだ。

何で?

私に内緒で、何の話をするの?
 

私は、忍び足で寝室のドアの前まで行くと、ドアに耳を押し当てて盗み聞きを試みた。

盗み聞きが良いとか悪いとか、この際、そういう話は置いておこう。

とにかく息を止めて、かすかに聞こえる一樹さんの声を、繋ぎ合わせる。

でも『ああ』とか『それでいいよ』とか『ありがとう』くらいしか聞き取れない。
 

『ありがとう』って事は、何か好転したのか?

全く想像がつかない。

そうこうしているうちに、電話が終わりそうな気配がしたので、大急ぎでキッチンに戻って家事をしているふりをした。
 

スポンサーリンク


結納の仲人さんが決まりそう

リビングに戻って来た一樹さん。

『仲人を引き受けて下さる方が見付かったらしい』

「えっ!本当?\(^o^)/」

やった!これで結婚式の予定が立つ!そう思ったのですが・・・

一樹さんは浮かない顔をしている。

仲人さんがどなたなのか聞いてみると、一樹さんのご実家の事業の、最重要取引先の会社の会長さんらしい。
 

???

一樹さんは後を継がないのに、よく、引き受けて下さったね。

引き受けるメリットがあったの?

古い付き合いだから?
 

イロイロ疑問に思う点はあったけれど、この時は、とにかく結婚の話が前に進んで嬉しかった。

浮かない顔をしている一樹さんの事など、一瞬で忘れてしまった。
 

そしてあれから1週間近く。

今、とんでもないことになっている。

どえらいことになっている。
 

『どーすんの?まおさん!!』

一樹さんも、オロオロしている。
 

私は・・・

どうしていか分からない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク