彼氏はスーパーマン

まおです。

キッチンのリフォームが嬉しくって、ベッドに入っても「あの色が良い、この機能が欲しい」と、いつまでもお喋りをしていた私。

一樹さんは若干面倒くさくなったようで『はいはい、お好きな色・お好きな機能でどうぞ』と話を終わらせようとしていた。

「ちゃんと聞いてよ」と言う私に『もう全部付けて貰えばいいよ』なんてテキトーなことを言い始めた(-_-メ)
 

会話が途切れた時、私は、ふと呟いた。

「一樹さんはスーパーマンだ」

『スーパーマン?僕が?』
 

どなたかのブログで読んだのか?

それともネットのコラムか何かで読んだのか、ちょっと記憶にないのだけど、

「女子は皆、自分の彼氏のことをスーパーマンだと思っている」

そう書かれていて「うん、そうそう!」と感じた。
 

いつもそばで見守っていてくれて、困った時には、飛んで来てくれる。

一樹さんは私にとって、正に、スーパーマンだ。
 

正義の味方?

ちょっと違うな。

私の味方・・・うん、そんな感じ^^
 

一樹さんに対する、愛情表現の言葉だった。

「大好き」とか「愛してる」とか以上の、最上級の愛情表現の言葉だ。
 

スポンサーリンク


一樹さんを追い込んだ

『だとしたら、僕は飛べないスーパーマンだ』

「飛べないスーパーマン?」

『いつも間に合わない。後手後手だ』

『本来なら、身元調査や、あんなこと(叔父様が私を無視したこと)が起こらないようにしてあげなければならなかった』

『なのに、全て問題が起こってからの対応になってしまった』

『その度に、まおさんに辛い思いをさせてしまう』

だから、飛べない(間に合わない・遅れてやってくる)スーパーマンだと言った。
 

一樹さんの弱気な発言に、ちょっと驚いた。

良い意味で自信家で、何をするにも確固たる考えの元に行動する人だ。
 

『これからも、ずっと、まおさんのスーパーマンだよ』

そのくらいの言葉を期待していたのに、返ってきた言葉は、

『頼りにならないスーパーマンでごめんね』だった。
 

スポンサーリンク


マリッジブルー

一樹さんに、感謝の気持ちを伝えたつもりでいたのに、逆に、一樹さんを追い込んでしまったようだった。

私は、トラブルになっても、私の気持ちを考えて対応してくれたことが嬉しかった。

でも一樹さんは、トラブルを防げないことに責任を感じていた。
 

一樹さんの責任ではない。

あのトラブルは防ぎようがなかった。

一樹さん取ってくれた行動は嬉しかった。
 

一生懸命、私の気持ちを伝えたけれど、一樹さんは『ごめんね』と繰り返すばかり。
 

どうしていいか分からなくて、私は一樹さんの口をキスで塞いだ。

『今夜のまおさんは積極的だ』

そう言って茶化された。
 

やはり最近の一樹さんは、元気がない。

様子がおかしいとまではいかないけれど、常に何か考え事をしているような感じがする。

原因は、はっきりしている。

でも、その原因が解決するものでは無さそうなので、長引くと一樹さんのメンタルが心配。

これもマリッジブルーのひとつと言えるのかな?

男性もマリッジブルーになるのかな?
 

何とか気持ちを楽にさせてあげたいと思うけれど、どうしていいか分からない。

「スーパーマン」なんて伝えると、逆に、無力感を感じるみたい。
 

私は、今、一樹さんの為に、何をすべきだろうか?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク