どこまで正直に話すか


まおです。

一連の一樹家お家騒動を、どこまで自分の両親に話そうか?

それが目下の悩みである。
 

叔父様に身元調査されたことは話した。

しかし、仲人を断られたことや、ご親戚の一部に披露宴出席を拒否されたこと、叔父様に無視されたことは話していない。
 

先週の木曜日に

「式場見学に行って、予約を入れてくる」

そう言って出掛けたのに、

予約は愚か、見学にも行っていない。

さすがに両親がしびれを切らした。
 

「結納はいつなんだ?」

「結婚式をするつもりがあるのか?」

「身元調査までしておいて」

そんな感じになってきた。
 

スポンサーリンク


そうだ!嘘を付こう!

一樹さんに事情を説明してもらうのが一番良い。

だけど一樹さんは、今、ちょっとしんどそう。

叔父様との関係が悪化して、それに加え、私の両親が反対し始めたと知ったら、更に追い込んでしまう。

ここは少し時間を稼ぎたい。
 

そうだ!嘘を付こう!
 

足りない頭で一生懸命考えた。

誰も悪者にならないで、私の両親が「それは仕方ないねぇ」と納得する嘘。
 

思い付いたよ( ̄▽ ̄)
 

私「実は叔父様がね、体調を崩されの」

母「えー、それは大変。何のご病気?」

「何の?えっとね、まだよく分からないらしいの」

「検査中なの?」

「うん、手術されるかもしれないの」

少なくともこれで叔父様の体調が整うまで、結納の日取りが決まらなくても不思議ではない。

叔父様が仲人を辞退した理由も、体調のせいに出来る。
 

「でも、入籍は9月に済ませたいと思ってる」

私のこの言葉に対して、両親は賛成も反対もしなかった。
 

スポンサーリンク


フラッシュバックする

実は、正直言うと、凹んでる。

それも結構、凹んでいる。

あの時もショックだったけど、時間が経つにつれて、一層悲しくなってきた。

叔父様が私の目の前を素通りしたあの時の景色が、不意にフラッシュバックするんだよね。

胸の辺りがキュ~ンってなって、何とも言えない気持ちになる。
 

一樹さんの事は、変わらず大好きだ。

でも、ふと思った。

この結婚、上手くいくのかな?

ちょっと自信がなくなって来た。
 

一樹さんは、いつも私の味方でいてくれる。

これは物凄く感謝している。
 

今回、公然と無視されたことで、非は叔父様側にあると分かって貰えた。

でもこの先、陰で嫌がらせをされるようなことがあったらどうしよう。

いちいち一樹さんに報告して助けてもらうのかな?

それとも自分で解決しなくちゃならないのかな?
 

スポンサーリンク


ひとつひとつ考えていくと、正直、不安だらけだ。

どれだけの人が、私と一樹さんの結婚を快く思っていないのだろう。
 

例えば、一樹さんの弟さん御夫妻はどうだろう。

これまで一生懸命、ご実家の事業をされてきたはずだ。

にもかかわらず、ここに来て「長男が継ぐべきだ」なんて話が耳に入ったとしたら?

当然、良い気持ちはしないはずだ。
 

差し出されたリンゴをむやみに口にしたら・・・

冗談抜きで、そのくらいの恐怖を感じるよ。
 

既に、一樹さんのご実家に、私が伺うことは難しい。

婚活をする中で、相手のご家族とも仲良くやっていきたいと思っていた。

一樹さんと初めて会った婚活パーティーでも、そう言われていたのに・・・

デートしませんか?

どうしてこんなことになってしまったのだろう。

何か解決策はないのだろうか?

考えても考えても答えが見付からない。

それどころか、どんどん闇の中に引きずり込まれるような感覚になる。
 

こんな状況で、こんな気持ちで、入籍をしていいのだろうか?

少しずつ不安になっていく。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村