結婚式の日取りが決まらない


まおです。

もう1泊することを、母にLINEで伝えた。

即、返事が来た。

「は?今日はこっち(私の地元)で式場見学してるんでしょ?」

「結婚式いつにしたのよ?」

「早くしないと間に合わんよ!」

「一樹さん、ぐずってるの?」

子供じゃないんだから、ぐずってなんかいないって(-_-)

ぐずっているとしたら、それは叔父様だ。
 

猛烈な母の質問攻撃を「帰ったら説明する」の一言で済ませた。
 

隣りで様子を伺っていた一樹さんは、心配していた。

『お義母さん、何て言ってた?』

「別にぃ~」

『・・・・・』

あっ、ちょっと失敗した。

もっと別の言い方をすればよかった(-_-;)
 

スポンサーリンク

結婚の意思は変わらない

一樹さんは、叔父様の件で、私の気持ちが変わってしまうことを心配していた。

確かに、人生で三本の指に入るくらいショックだった。

だけど、それが理由で、一樹さんを嫌いになったりなんかしない。
 

ただ、当初は5月に結納をしたいと考えていたけれど、既に4月半ば。

今から仲人さんを探しても、5月には間に合いそうもない。

秋の挙式・披露宴の準備もギリギリだ。

そもそも挙式・披露宴を、するかどうかも怪しくなってきた。
 

一樹さんから提案があった。

『入籍の日を決めたい』

『僕側のゴタゴタで話が進まないのに、こんなことを言える立場ではないけれど、出会って1年の記念日に入籍したい』
 

私と一樹さんが出会ったのは、昨年9月の婚活パーティーだ。

丁度、1年後の「その日」に入籍したいと。

一樹さん、意外とロマンティストだ(≧▽≦)

もちろん私も賛成した。
 

結納も結婚式の日取りも決まらないけれど、入籍の日だけは決めた。

順序が違ってくるけれど、大したことじゃない。

両親の説得も、多少揉めるかもしれないけど、何とかなるだろう。

何より、一樹さんが安心したかったようだ。
 

そして、小さな事件は、次の日の早朝に起きた。
 

スポンサーリンク


ドアを蹴破る?

この夜も、一緒のベッドで就寝した。

しかし、いろいろ考えていたためか、朝5時前に目が覚めてしまった。

暖かくなって、ちょっと寝苦しかったのもあった。
 

喉が渇いたので、そっとベッドから抜け出し、キッチンでお水を飲みながらボーっと外を眺めていた。
 

まだ、外は薄暗い。

ベッドに戻ろうか?

それともこのまま起きて居ようか?

悩んでいると、寝室で物音がした。

一樹さんを起こしちゃったかな?

そう思ったと同時に

『まおさん!』

と叫ぶ声が聞こえ、一樹さんが、寝室のドアを蹴破るようにして出て来た。

あまりの勢いに、私は驚いて持っていたコップを床に落としてしまった。

「なっ、なっに?どうしたの?」

すると、物凄い勢いで私に近づいてきて、いきなり抱き付かれた(?_?)

「へっ?なに?なに?なに?」

ビビる私に、一樹さんは言った。

『まおさんが、居なくなったと思った』
 

スポンサーリンク



あの、

さっぱり、

意味が分からないの。
 

寝ぼけたのかと思ったら、さにあらず。

私が叔父様の件で嫌気がして、一樹さんに内緒で帰ってしまったと思ったのだと。

一樹さんが、そんなに追いつめられていたとは思わなかった。
 

「昨日、9月に入籍しようって決めたじゃない^^」

そう言ってなだめた。
 

その後は、ふたりでモーニングコーヒーを飲んだ。

一樹さんの心が、とても疲れているように感じた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村