媒酌人の話


まおです。

一樹さんは、世間話の延長のような感じで、サラリとこう言ったのです。

『仲人の件なんだけど、叔父が辞退したいって言ってきたんだ』
 

一度引き受けた仲人を断る。

相当の理由がなければ、常識ではあり得ないことだと思いました。

これが「長男だけど末席に座る」と言う意味なんだと思いました。

恐らく、これから全ての事がこうなるんだろう。
 

最初は「あぁ、そうきたか」と思う程度でした。

でも、だんだんと悲しいというか虚しいと言うか、言葉に出来ない気持ちが一気に吹きあげてきました。
 

一樹さんに申し訳ないような。

何も出来ない自分が情けないような。

叔父様に対する怒りのような。

時間と共に、何とも言えない感情が沸き上がって来て、気が付いたら号泣モードでした。
 

スポンサーリンク


仲人・媒酌人のこと

驚いたのは一樹さんでした。

『こんなに泣かれるとは思わなかったよ(‘_’)』

そう言って、私の背中をさすってくれました。
 

家族で会食の予定が披露宴になったから「私達(叔父様御夫婦)では力不足」と辞退されたという話でした。

「辞退」と言えば聞こえはいいですが、要は「断られた」ということです。
 

軽く見られた気がして、悔しくて涙が止まらなくなりました。

私のことは、どうでもいいのです。

でも、一樹さんにそんな対応をしたことが、許せないような気持ちになりました。
 

持っていたタオルで顔を覆って、うつむいて・・・号泣です。

一樹さんが『泣くような事じゃないよ。大丈夫だよ』と慰めてくれればくれる程、悔しくて涙が止まらなくなるのです。
 

自分でも、涙が止まらなくて困り果てた頃、一樹さんが耳元で囁きました。

『まおさん、そろそろ涙止まるかな?僕、今、結構な悪者になってるんだけど・・・』

既に葉桜でしたが、周りにはお花見に来た人達が何人か居ました。

その人達の視線が痛いと言うのです。

恐らく、その人達の目には、一樹さんが「彼女を泣かす悪い男」に映ったでしょう。
 

『帰りにさ、ケーキ屋さんに寄ってあげるから、もう泣かないで』

そう言われて、やっと泣き笑いになりました。
 

スポンサーリンク


結婚式のこと

自宅に戻ると、一樹さんがコーヒーを淹れてくれて、二人でケーキを頂きました。

「挙式も披露宴もやめようか?」と言うと、

『まおさんの花嫁姿も見たいし、御両親もお袋も楽しみにしているから、ちゃんと挙げよう』

そう言ってくれました。
 

仲人(媒酌人)は、お義母様が探して下さるそうです。

『お袋、顔が広いから大丈夫だよ』

叔父様に角が立たず、晴れの日に相応しい媒酌人を探して下さるそうです。
 

早いもので、あれから一週間。

今日もこれから一樹さんの自宅にお邪魔します。

そして明日は、式場を見学に行く予定です^^
 

泣いたり笑ったりの繰り返しですが、順調に結婚に向けて進んでいます。

一樹さんから頂いた、婚約指輪も指に馴染んできて、婚約したという実感も沸いてきました。

結婚まで、今後も沢山の問題が出てくると思いますが、一樹さんが隣に居てくれたら、何でも乗り越えられる自信が付きました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク