素行調査報告書のこと


まおです。

水曜日の夜に、一樹さんとは2時間近く話をしました。
 

1週間連絡を取らなかった理由とお詫び。

素行調査を行ったのが、叔父様の依頼だったこと。

実家での話し合いの内容。

その結果を、私にも承諾して欲しいこと。

そして、私が仕事を続ける条件。
 

それで話を終えようとした一樹さん。

あのことは、気にしていないのだろうか?
 

「調査報告書の件で、私に聞きたいことがあるんじゃないかと思ったんだけど・・・」
 

スポンサーリンク


一樹さんは、サラッと言った。

『何も無いよ』

「無い?」

『無いよ。何か聞いて欲しかったの?』

「いや、そうじゃないけど」

『僕が何か勘違いしたと思った?』

「そんなことない」

『まおさんのことは、僕が一番分かっているつもり』

「うん」

『それでいいでしょ?』

何も言わない方が良いのかな。

そう思った。
 

あの時、私に調査報告書を見せたのは、私に釈明して欲しかったからじゃなかったのかな?

調査報告書があることを隠しておくことも出来たのに、何のためらいもなく見せたのは『釈明してみせて』という意味ではなかったのか?
 

真相は分からないけれど、少なくとも今の一樹さんは、説明して欲しいとは思っていないようだった。

交際していた男性の事も、A総合病院を受診した理由も、話さずに終わった。
 

自惚れかもしれないけど、今の二人には些細なことに思えた。

そんなことで、二人の関係が壊れるとは、到底思えなかった。

それ以上に大変なことを、二人で乗り越えていく覚悟が出来たから。
 

スポンサーリンク


追加調査のこと

最後にひとつ確認した。

「まだ、私の身元調査ってしてるのかな?」

一樹さんの話だと、叔父様とも話が付いたし、もうしないように伝えてくれたらしい。

正直、この1週間、外出していても、自分の後ろが気になって仕方なかった。

誰かに付けられてるんじゃないか。

カメラを向けられてるんじゃないかって。

男性スタッフと、お昼休憩に食事に出掛けることも避けたし、仕事帰りに、コンビニに寄り道することもはばかられた。

そんな緊張から解き放たれると思うと、安心出来た。
 

私にとって、辛い1週間だったけれど、一樹さんは、もっと悩んでいたのかな?

話してくれたらよかったのに。
 

今回の件で感じたのは、私と一樹さんの結婚は、一樹家にとって歓迎されないことなのかな?

長男が末席に座るって、具体的にどういうことになんだろう。

縁を切ったとまではいかなかったようだが、丸く収まったという印象もない。
 

でも、最後の最後に一樹さんが言ってくれた

『お袋は、まおさんの味方だよ』

という言葉が嬉しかった。
 

お義母様、素敵な人なのかもな。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク