結婚はお花畑?


まおです。

結婚はお花畑のイメージでしたが、違った(笑)

当人同士の気持ちだけじゃなくて、親戚をも巻き込んでの大騒動だった。
 

一樹さんは、こう言った。

『これから親戚付き合いをする中で、もしかしたら、まおさんに対して意地悪な態度を取る人が居るかもしれない。でも気にしないで。悪いのは僕だから。何かあったら、すぐに相談して』

「・・・うん」

何かあっても、一樹さんが守ってくれる・・・そう思った。

でも。。。
 

一樹さんは、それで良かったのかな?

何か他に方法が無いのかな?

いろんなことが頭の中を駆け巡ったけど、何も思い浮かばなかった。
 

どんなに考えても、一樹家の長男の嫁として、一樹家の事業を担うという選択肢は出てこなかった。

そもそも、私にはそんな能力はない。

ごめんね、一樹さん。
 

スポンサーリンク


仕事のこと

『長くなってごめんね。以上、話はお終い!』

「お終い?」
 

あれあれ?私の仕事のことは、何も言われないのかな?
 

『何か聞きたいことがありますか?』

「う~ん、聞きたいことっていうかぁ~」

『いうかぁ~?』

「私は仕事を続けても良いのかな?」

『もちろん良いよ。但し・・・』
 

条件が付きました(-_-;)

・家事分担は出来ない
・家事と両立できる範囲で
・木曜日は仕事を入れない
・泊まりの仕事はしない

まぁ、要は、主婦業の合間にやってねって感じでしょうか?

まぁまぁ、そうなりますよね(-_-)
 

ひとつひとつ話し合っていきました。
 

スポンサーリンク


まず、忙しい一樹さんに、家事をお願いしようなんてことは、考えていないこと。

でも世間のご主人は、共稼ぎなら朝のゴミ出しくらいは手伝ってくれるんじゃないの?

そう思わないでもなかったけど「白衣でゴミ出し?」って想像したら、ちょっとムリそうなので諦めた(笑)

それに、私の希望で自ら働くので、ワガママを聞いてもらっている立場だしね。
 

仕事で出掛けた日は、晩御飯がお弁当でもレンジでチン♪でもOKだって^^

迎えに行きながら、外食でも良いって言ってくれたので助かる!

但し、晩御飯は一緒に食べようって。

一人で食べる食事は、美味しくないんだって。
 

木曜日は、1日ゆっくり二人一緒に過ごす。

結婚したとたんに、相手に興味がなくなるって寂しいので、これは嬉しい^^
 

最後に、泊りはNGって。。。

一樹さんは、泊りで学会に行くのに?

そう抗議したら『まおさんの実家に泊まるならOK』になりました(笑)

ブライダルの繁忙期は土日連続で披露宴が入るから、どうしてもスケジュールの都合がつかない場合は、実家から出勤しようと思っています。
 

ハイシーズンは一樹さんにも迷惑を掛けちゃうけれど、それ以外は、頑張って主婦業をこなすことで合意。

『くれぐれも家事も仕事もオーバーフローしないようにお願いしますね』と言われました^^
 

これで話は終わりになるはずでした。
 

しかし、私にとって、一番の本題になるあの話題には、一樹さんは一切触れてきません。

一樹さんが、なかなか切り出さないので、私が尋ねました。

「一樹さんは、私に何か聞きたいことはない?」

『何か?う~ん、例えば?』

「例えば、この間の探偵事務所の調査報告書の内容とかー」
 

誤解があるのなら、ちゃんと解いておかないといけない。

そう思いました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク