予想だにしないこと


まおです。

水曜日に、一樹さんから詳しい話がありました。

なんやかんやで2時間は話していたと思います。

私が疑問に思った、全てのことについて説明がありました。

そして、全てのことについて、納得し承諾しました。
 

ただ、内容が内容だけに、全てをブログ上で公開出来ないので、フェイク入れようと思いましたが・・・入れようがない(-“-)

そこで、肝心な部分を曖昧に書いていくことにしました。
 

なんとな~く読んで頂ければ、楽しく読んで頂けると思います。

ただ、読み込んでしまうと「肝心なところが分からない」って結果になります。

ゴメンナサイ<(_ _)>
 

スポンサーリンク


お義母様ではなかった

実は一樹さん、離婚後も再婚の話は沢山あったそうです。

でも、一樹さん自身にその気持ちはなく、全てお断わりしたそうです。
 

再婚しない、子供も居ない、だから実家も継げない。

その方程式が、今回、私と結婚することで崩れてしまった。

再婚するなら、長男の一樹さんが家を継ぐべきだと。

長男が家を継ぐという考えは、まだまだあるようですね。

一樹家の事情もあるようです。

 

そして、私の素行調査をしたのは、お義母様ではなかったようです。

「なかった」と言うと、ちょっと語弊がありますがー。

事実は、仲人をお願いする予定だった叔父様が「素行調査をしよう」と言いだし、渋々承知したお義母様が、探偵事務所に調査依頼をしたそうです。

ごくごく一般的な、結婚相手に対する身元調査だったそうです。
 

あの時、お義母様が「まおさんのお勤めの式場で挙式すればいいじゃない」と言って下さったのは、それを遠回しに知らせたかったかららしいです。

お義母様にも葛藤があったそうです。
 

スポンサーリンク


私に白羽の矢が立った

身元調査で分かったのが、私が会社を経営しているということ。

会社と言っても、株式登記しただけのもの。

しかし、それだけの行動力あるなら、私が一樹家の事業を担えると勘違いされたのです。
 

そこから「一樹さんが医院を閉めるまで、私が担う」そんなプランが動き出したようです。
 

一樹さん、相当悩んだようです。

長男として、家を継ぐのが自然な流れと考えたのでしょう。

でも、私を巻き込んではいけない。

そう思ったそうです。
 

それから、私の顔を見るのが辛くなり、そして1週間、音信不通。

といっても、一樹さんは「時間が欲しい」と私に伝えたので、音信不通にしたという自覚は全くないようです(-_-;)

私からのメールが届かなかったのは、恐らく私が、ソフトバウンスを見落としてしまったのだと思います。

丁度その頃、大量スパムでスマホが鳴りっぱなしになっていたので。
 

一樹さんが、いつから悩んでいたのか分かりません。

しかし、一人になって、じっくり考え、そして最終的に大きな決断をしたのです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク