メールの話


まおです。

昨夜は、一樹さんの仕事も早目に終わり、ゆっくり夕食を取りました。

「詳しい話は、来週会った時に・・・」そう言われている。

そして、一週間音信不通だったことにも、一切触れない一樹さん。

不自然過ぎて、逆に何も聞けない(笑)
 

「マッサージしようか?」

『お願いしよっかな^^』

「調子いいねぇ。メールの返事もくれなかったくせにぃ~」

嫌みのひとつも言ってみた。

すると『メールの返事って?』

「日曜日の夜に“電話してもいいかな?”ってメールしたのにスルーされた(-“-)」

『メールなんて貰ってないよ』

何ですと?
 

慌てて、一樹さんのスマホを、二人で確認した。

迷惑メールフォルダーにも入っていない。

間違いなく私からは送信している。

どこへ消えた?
 

メールって、稀に届かなかったり、遅延したりすることはあるけれど、こんな重要なメールが届かないなんて(;_;)
 

『もしかして、僕が無視したと思った?』

「アタリ!( ̄▽ ̄)」

『ろくでなしだと思われたねぇ』

「面目ない(^^;)」

大事なことは、メールやラインじゃ駄目だね。
 

スポンサーリンク


大地さんからの電話

でも、おかしいんだ。

大地さんから電話があった時、私、ちゃんと「一樹さんと連絡が取れなくなった」って説明したのを、隣で聞いていたはずだ。

ブログでは詳細は書かなかったけど「メールしても返事が来ない」って、大地さんに説明している。
 

尋ねると「僕は、大地とまおさんの会話を、途中からしか聞いてない」と言う。
 

一樹さんの話はこうだ。

お風呂から上がったら、大地さんが女性と話をしていたので、てっきり美彩さんとデートの打ち合わせをしているのだと思った。

邪魔しちゃいけないから、寝室に入ろうとしたら、大地さんが手招きするので近寄った。

すると大地さんが突然「一樹のこと、どう思ってるの?」なんて言い出すから、何事かと思ったら、電話の向こうから「好きだよ」って言う女性の声が聞こえて、そこで初めて、電話の相手が私だと分かった。
 

一樹さんが掛けさせたわけじゃなく、大地さんが勝手に掛けたらしい。
 

「何で逃走したの?」と聞いたら

『そりゃ、照れ臭くて、逃走するさ』だって。

『次の日、電話しようと思ってたら、まおさんが突撃してきてくれた』

ということらしい。
 

スポンサーリンク


大地さんにお礼の電話

とにかく、大地さんに「連絡が取れた」と報告しなくてはいけないので、電話を掛けた。

「大地さん、まおだよ」

「おっ、元気そう!」

「お陰様で、今、一樹さんと一緒だよ。ありがとう」

「それは何より^^」

「ひとつ聞いても良い?」

「なに?」

「大地さん、私の声を、計画的に一樹さんに聞かせたんだよね?」

「たまたまだよ」

「グッドタイミングだったね」

「まおちゃん、これで借りは返したよ^^」
 

ぜーんぶ、大地さんの作戦だ。

一樹さんが、お風呂からあがって来るタイミングで、唐突に、私にあんな質問をして「好き」って言わせたんだ。

私が、大地さんと美彩さんが再会出来るように、いろいろ手を尽くしたので、その借りを返したと言ったのだ。
 

私も一樹さんも、苦笑いだった。

まんまと作戦に引っかかったよ(^^;)
 

心配してくれた大地さんに、お礼を言った。

「ありがとね。大地さん」

「いやね、俺も焦ったよ。辞めるなんて言うからさ」

「辞める??誰が?何を?」

「あれっ?聞いてない?歯医者辞めるって話」
 

心臓止まった( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク