探偵事務所の調査報告書


まおです。

自分の身元調査報告書を、震える手でめくった。

〇〇高校を卒業、〇〇大学に進学。

現在の職業は「ブライダル関連会社の社長」となっていた。

商業登記簿を閲覧したのだろうか?
 

聞き取り調査(?)もしたらしい。

仕事関係は軒並み高評価であった。

やるじゃん、私。

なんて言ってる場合じゃない。

誰が喋った?

その内容から、式場関係者だと想像がついた。
 

そしてどうやら私は3日間程、素行調査をされていた。

丸3日間の、私の行動が記されていた。
 

ラジオ局からの帰り、男性スタッフの車で駅まで送ってもらい降車する時、写真を撮られていた。

お礼を言って降りる姿は、恋人同士の別れ際のようにも見える。
 

翌日は、結婚披露宴の帰り、列席者の知人男性と食事をしている姿を撮られていた。

男性と一緒に、ドリンクバーで飲み物を選んでいる時に、背後から撮られた。

何を飲もうか相談している所は、恋人同士が肩を寄せ合っているようにも見える。
 

全く気付かなかった。

一体、何人で私を尾行したのだろう。
 

もちろん、どちらの男性ともやましい関係ではない。

そして不幸中の幸いだった。

ラジオの仕事帰りに男性スタッフに駅まで送ってもらうことは、一樹さんも知っている。

知人男性との食事も、あらかじめ一樹さんに話をしてあった。

誤解されることは何もない。
 

スポンサーリンク


知られたくなかった

ただひとつだけ。

ひとつだけ、私を凍らせる記述があった。
 

交友関係(異性)の欄だった。

「昨年夏ごろ、男性医師と交際していたと思われる」

「A総合病院・外科医師・30代と思われるが氏名不詳」

ゲス野郎(元彼)の事だと分かった。
 

過去の交際相手のことなど、一樹さんには、絶対に知られたくなかった。

それに「昨年夏ごろ、交際していたと思われる」という記述に傷ついた。

一樹さんと二股を掛けていたかのような印象を与える。

一樹さんと婚活パーティーで出会ったのは9月の初め。

ゲス野郎(元彼)との関係は、7月には既に破綻していた。

8月には婚活サイトへ「お断り」の連絡を入れている。
 

婚活サイトから情報が漏れたのかと思ったが違う。

婚活サイトからだったら、年齢も名前も特定できたはずだ。

恐らく、誰かが喋ったのだろう。

ゲス野郎と分かる以前に、交際していることを友人に話していた。

職業も勤務先(大きな病院)も印象深いので、一度聞けば忘れないと思う。

ただ、友人が話したのではなく、その友人から聞いた第三者が話したのかもしれない。
 

スポンサーリンク


現在進行形で、不貞行為があるのなら、記述する意味はあると思う。

しかし、過去の異性関係を記述する必要があるのだろうか?

それも「昨年夏頃」とか「30代と思われる」とか「氏名不詳」とか、不確かな情報が記載されている。

探偵事務所だって、この報告書次第で破談になる可能性があることは、十分承知しているはず。

怒りがこみ上げて来た。
 

過去に交際していた男性医師のことは、知られたくなかったが、事実なので仕方がない。

しかし問題は、そこではない。

実は、この『A総合病院』という記述が、一樹さんを、大きく傷付けてしまったのだと思う。

そして私は、うかつにも、そのことに気付かないでいた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク