婚約指輪と幸せな時間


まおです。

レストランでディナーを済ませ、隣のラウンジに移動した。

薄明りの中でも、左手薬指のダイヤモンドは眩しいくらいにキラキラ輝いていた。

「うふふっ♥」

意味もなくにやけてしまう。
 

一樹さんも珍しく無口で。

夜景を眺めるふりをして、私の様子をうかがっている^^
 

幸せだなぁ~と思った。
 

唐突に聞いてみた。

「ねぇ、ねぇ、どうして私と結婚しようと思った?」

『まおさん、酔っぱらってるでしょ?』

もちろん、酔っぱらってるさ。

しらふじゃ聞けないよ。

「ねぇ、どうして?」

『好きになったから^^』

「どこを?」

『どこって・・・』

「どこ???」

『全部だよ(^^;)』

「具体的にどこ?ねえ、どこ?」

『もう、酔っ払いの相手はしないよ』

「あっ、そう。。。(-“-)」

公共の場で、それも酔っぱらった勢いでイチャイチャしてはいかんので、続きは部屋に戻ってからにしようと思った(^^;)
 

しかし、一樹さんの次の一言で、一気に酔いが醒めてしまった。

『あのね、まおさん・・・』

げっ!このタイミングで、一体、何を言われるのだろう(´゚д゚`)
 

スポンサーリンク


酔いが醒めるひと言

一樹さんが大切なことを話し始める定番のセリフ。

『あのね、まおさん・・・』

「なっ。。。なあにぃ~(ー_ー)」

『例えばだけど、お仕事辞めようとか思ったりしない?』

「はっ?」

『ブライダルの仕事辞めようとか』

「思ったりしないよ!」

『だよね^^』
 

正直「今更、そんなこと言う?」と思った。

だって、あの時、ああ言ったじゃない!

 最高に素敵なクリスマス!

「もしかして、お義母様に何か言われた?」

『違うよ。だってお袋は、まおさんが仕事していること知らないよ』
 

突然、私が結婚後も「仕事をする・しない」の話を、ぶり帰した理由が分からなくて、やんわり聞いた。

すると『最近、とても忙しそうで心配になった』と言われた。
 

スポンサーリンク


こっそり誓う

反省した。。。

最近「忙しい」が口癖になってしまっていた。

ホワイトデーの今夜も、出掛けるギリギリまで洋室で原稿書きをしていて、出掛けにバタバタしてしまった。

仕事のことを考えていて、ボーっとしたりしている時もある。
 

これからは、一樹さんの前では仕事をしないようにしようと思った。

一樹さんが仕事を終えて帰って来た時に、仕事をしていた気配を残さないよう気を付けようと思った。

また『お仕事を辞めようとか思ったりしない?』なんて言わせたくないし、言われたくない。

一樹さんに「仕事が忙しい」なんて絶対に言わないと心に誓った。
 

ホテルの部屋に戻った一樹さんは普段通りだった。

私がシャワーを浴びて戻ると、既に、ベッドで寝息を立てて居た。

あの時と一緒だ^^

 初めてのお泊り② 素敵な夜に・・・

仕事終わりで疲れているのに、こうして計画を立ててホワイトデーをしてくれる。

一方の私は、一樹さんの気持ちも考えず「仕事が忙しいから」とデートを断ろうとする。

一樹さんが私に、本気で仕事を辞めて欲しいと思って言ったのか、その場の勢いで言ったのか、本心は分からない。

でも、これからは、そう言われないように気を付けよう。

だって仕事は、ずっと続けたいから。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク