私のプライド


まおです。

披露宴をしたくないと言う、一樹さんの為に会食を提案したのに。

『まおさんが、会食なんて言うから』って、どういうこっちゃ?

それに加え『披露宴って大事?』と聞かれ、悲しくなった。

私のプライドなんて、小っちゃくて、吹けば飛びそうなモノだけど。

それでも、ブライダルの仕事はプライドを持ってやっている。
 

価値観の違う人に、何を言っても無駄。
 

まぁね、一樹さんにしか分からない気持ちもあるだろう。

そりゃぁ「2回目」はしたくないって気持ちも、分からなくもない。

ちょっぴり諦めの境地だった。
 

いろいろ考えながら無言で居ると、一樹さんはウインカーを出して、コンビニの駐車場に車を停めた。
 

スポンサーリンク



お手洗いでも借りるのかな?

不思議に思っていると、一樹さんが謝ってきた。

『ごめんね。とても失礼なことを言ってしまった』

私が不快に思ったのが、伝わったんだと思った。

「皆、考え方も違うから」

と言うのは、お義母様と一樹さんと私。

『まおさんの仕事を否定したんじゃないんだ。まおさんと僕が結婚するのに、披露宴は大事なのかなって思ったの』

「全然、大事じゃないよ。披露宴をしたいから結婚するんじゃないもん。でも、一樹さんが同棲しないのをケジメと言ったように、挙式も披露宴もケジメなの」

『ケジメか・・・』

「究極を言えば、結婚は二人だけの意志で成立するから、それを誰かに報告する義務はないよ。でも、あえて皆に集まって頂いて、夫婦の誓いを立てるんだよ。お義母様だって、認めてくれたから「披露宴をしなさい」って言ってくれたんだよ!」
 

長くなるので端折りますが、こんな感じのことを話しました。
 

すると・・・

『じゃぁ・・・

挙式と披露宴をしよう!』

「?!?!?!」
 

スポンサーリンク


挙式・披露宴決定!

ある意味、プロポーズされた時より衝撃的でした。

助手席に座っていたけど、思わずのけぞって、窓ガラスに後頭部をぶつけちゃった(‘◇’)ゞ
 

披露宴をするって?

大丈夫?一樹さん?

この場の勢いで言ってない?
 

私に気を遣ったのか?

私のご機嫌をとったのか?

それもあるかもしれない。
 

でも、一樹さんがそう言うなら、それに従おう。

一樹さんが、譲ってくれるなら、そうして貰おう。
 

私が「ありがとう」と言うと

『お礼を言われることじゃないよ』

そう言って、照れ臭そうに笑った。
 

スポンサーリンク


お義母様に報告

一樹さんは、その場でお義母様に電話をした。

『まおさんと相談して、挙式と披露宴をすることにしたから』

スマホから、お義母様の嬉しそうな声が、漏れ聞こえる。
 

電話を切った一樹さん

『たぶん列席者増えるな・・・』

新たな憂鬱のタネが出来たようだ(^^;)
 

私も、その場で母に知らせた。

母も、とても嬉しそうだった。

娘の花嫁姿が見られるから?

いや、ちょっと違う。

私の母は天然だ。

自分の好きな着物を着る機会が出来て、かつ、美味しいお料理が食べられると思ったのだろう(笑)

でも、どんな理由でもいいや。

皆が笑顔になれるなら^^
 

一樹さんが『お昼は美味しいものを食べよう!』と言うので、うなぎをリクエストした。

『まおさん、遠慮しないねぇ~^^』

「一樹さんに、遠慮する必要ないもん。特上を頼んじゃう!」
 

でもさ。

そこで悲劇が起きたんだ(-“-)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村