婚約指輪


まおです。

イロイロすったもんだはあったけど、無事に婚約指輪が決まりました!

デザインは既に前回決めてあったので、センターストーン待ち。

ジュエリーショップから「ご希望のダイヤモンドが見つかりました」と連絡を頂き、一樹さんと見に行ってきました。
 

前夜に、エルメスの香水が私の勘違いと分かり、ナイト会員の女性の件も一件落着。

一点の曇りもない晴れやかな気持ちで、一樹さんと仲良くお手々繋いで行ってきました(#^.^#)
 

店員さんが、白手袋で仰々しく持ってきて下さった、でっかいヤツ(´゚д゚`)

キッラキラ輝いて、とっても綺麗★

我を忘れて、かぶりつくように眺めた。

一樹さん、奮発してくれたねぇ~。
 

思わず聞いちゃった。

「大丈夫?」

『まおさんが気に入ればね^^』

「じゃぁ、これにするぅ~(≧▽≦)」
 

一樹さんが席を外したタイミングで、店員さんに聞いてみた。

「これって、お幾ら万円ですか?」

「さぁ、お幾ら万円でしょう?」

店員さんだってプロだ。

そんな簡単に口を割らないか。
 

スポンサーリンク


結婚式はどうなるの?

帰り道、カフェレストランで食事をしながら話をした。

『どうだった?』

「キラキラして、すごく素敵だった!」

『まおさん、興奮して鼻息荒かったもんね^^』

「失礼だね(ー_ー)!!」

『でも、ごめんね。ホワイトデーに間に合いそうもないんだ』

「いいよ、いいよ。私、楽しみは後にとっておくタイプだもん(^_^)v」
 

これでいよいよ結婚だと嬉しく思う反面、あんな素敵な婚約指輪を買ってもらって「もう逃げられない!」なんて気持ちもあるから不思議(笑)

男の人も「年貢の納め時」って思うのかな?
 

スポンサーリンク


ここで考えた。

一樹さん、結婚式はどうするつもりだろう?

お義母様に「結納も結婚式も、キチンとするのが結婚を許可する条件」と言われて、覚悟は出来たのだろうか?
 

恐る恐る聞いてみた。

「結婚式はどうするの?」

『まおさんが提案してくれた、会食でどうかって、母に話したところ』

「もし、お義母様のOKが出なかったら?」

『その時は、残念だけど諦めるしかないね』
 

ちょい!ちょい!待ってよ!

何を『諦める』のさ( ̄▽ ̄)
 

『諦めて結婚式をする』って意味?

違うよね。

今の話の流れだと

『結婚を諦める』

って取れるけどぉ(; ・`д・´)
 

今更「結婚の話、無かったことにしよう」なんて言わないよねえ(?_?)
 

もしかして、お義母様の反対を押し切って、入籍だけしちゃうとか?
 

極端なことを言えば、入籍だけなら明日にでも出来る。

しかし結婚式(披露宴)をするとなると、一樹さんの希望の「夏休み」には間に合わない。

そもそも、お盆の時期に結婚式なんてする人は居ないしね。

とにかく大急ぎで式場を押さえて準備をしても、秋のシーズンになっちゃう。
 

二人の気持ちが変わることはないだろうけど、ここにきて思うように話が進まなくなって、ちょっと不安。

なんだか雲行きが怪しくなって来たか?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク